豊島区


上り屋敷公園

 『お上(あが)り屋敷』とは江戸時代の狩場の休憩所のこと。やがて地名となり、現在は閑静な住宅地のなかにあるこの公園の名称として引き継がれました。
 園内中央にある豊かな葉をもつ一本のムクノキが公園のシンボルとなっています。周りはまるい形の運動広場で、周囲に巡らされたカラー舗装の園路がこどもたちの大好きな遊具へと導いています。広場の西側にはパーゴラを備えた砂場と遊具があり、さまざまに楽しむ人の姿が見られます。園内は緑も豊富で、ヒマラヤスギやクスノキなどの高木とキンモクセイやコブシ、ソメイヨシノなどがあり、四季折々に美しい花々が楽しめます。

施設情報

住所:西池袋2-14-2

最寄駅:JR目白駅

面積:2,982.68平方メートル

開園:昭和56年4月

その他:身障者対応トイレ開放時間 24時間

地図を表示

豊島区役所
〒170-8422 豊島区東池袋1-18-1
電話番号:03-3981-1111(代表)


Copyright (C) Toshima City. All rights reserved.


トップページ