ホーム > 区政情報 > 広報 > 区からのお知らせ > 総合窓口課における個人情報の不適正な取扱い事案の発生について

ここから本文です。

総合窓口課における個人情報の不適正な取扱い事案の発生について

総合窓口課の窓口業務を受託している事業者(以下、「受託事業者」という)から、平成29年12月に総合窓口課に対し個人情報の不適切な取扱いがなされたとの報告がありました。
調査の結果、区民の個人情報が職員や受託業者の事務処理の参考事例や研修等に使用され、「豊島区個人情報保護条例」に違反(目的外利用)する事案が含まれていることが明らかになりました。
区民の皆さまに対しまして、深くお詫び申し上げますとともに、全庁あげて、個人情報保護の重要性をあらためて職員及び受託事業者に認識させ再発防止策の徹底を図り、二度とこのような事態を招かぬよう取り組んでまいります。

経過

1.平成29年12月、受託事業者から区に対して、2件の事案が報告される。
(1)証明書作成の見本に個人情報を利用・保管した
(大半は過去に区が作成、一部受託事業者が作成)
(2)検証環境の画面コピーや住民票の写しのコピーを研修資料として利用し、また、転記作成した資料が未回収であった
2.平成30年2月、受託事業者から区に対して1件の事案が報告される。
本人確認書類として個人番号通知カードの提示を求めていた。
3.平成30年3~4月、個人情報の取り扱いについて、受託事業者が自主点検を実施。
4.平成30年4~5月、受託事業者から区に対して自主点検の結果が報告される。
スタッフ間の連絡共有ノートに個人情報(画面のコピー等)を貼り付けていたなど、不適切な処理が確認された。

対応

区では報告を受けて、直ちに目的外利用と判断した個人情報の回収を受託事業者に指示し、返却された個人情報を廃棄しました。また、自主点検の結果に基づき詳細な事実確認を進めています。さらに同事業者が受託する他の業務においても自主点検の実施を指示しており、これらの結果を踏まえ、職員、事業者に対して個人情報の適切な取扱いと適正な事務処理の徹底を図ります。

問合せ先

区民部総合窓口課

電話:03-4566-2331

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2018年6月5日