ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成28年6月 > 「としまF1会議『消滅可能性都市』270日の挑戦」本日発売

ここから本文です。

「としまF1会議『消滅可能性都市』270日の挑戦」本日発売

「豊島区を消滅させない!」熱い思いが本になりました

報道発表日:平成28年6月30日

本日、「としまF1会議『消滅可能性都市』270日の挑戦」(生産性出版)が出版された。
豊島区は、平成26年に、民間有識者団体である日本創成会議より、23区で唯一「消滅可能性都市」との指摘を受けた。区は緊急対策本部を設置し、「女性にやさしいまちづくり」を掲げて対策を模索。その対策の1つが、20代から30代の区内女性を中心に構成された「としまF1会議」である。F1とは、広告・放送業界のマーケティング用語で、20代から34歳までの女性を指す。計6回に及ぶ会議では、当事者である若い女性のニーズ掘り起こしが行われ、最終的に提案された事業の中から、11事業に8800万円の予算が27年度に計上された。
本書は、「としまF1会議」の270日にわたる取組みを紹介するものだ。「としまF1会議」の座長を務めた萩原なつ子立教大学大学院教授が編者及びエピローグの執筆を担当。また平成26年「としまF1会議」のアドバイザー委員の豊島区管理職3名と、「としまF1会議」のメンバー・山田亜紀子氏が各章の執筆にあたった。「消滅可能性都市」指摘の衝撃から、「としまF1会議」のキックオフイベントとして実施された「としま100人女子会」についてや、会議でのチーム編成からプラン発表、提案事業の予算化、区政にいかに反映されたかなど、それぞれの立場からの紹介がなされている。
萩原なつ子氏は、出版にあたり「『としまF1会議』の取り組みがこのように1冊の本としてまとめられ、ユニークな挑戦の全貌を知っていただく機会を得たことを、チーム総監督として大変嬉しく思っています。一人でも多くの方にお読みいただければ幸いです。特に地方創生、男女共同参画、連携・協働を積極的に進めている自治体の必読書となるものと期待しています」とコメント。
女性目線で住み続けたいまちづくりを考え抜いた「としまF1会議」。「豊島区を消滅させない!」という熱い思いが凝縮された1冊となっている。是非お手に取っていただき、ピンチをチャンスに変えていく豊島区のエネルギーを感じていただきたい。

日時

平成28年6月30日 第1版

仕様

編者 萩原なつ子

定価 1,800円(税抜)

発行 生産性出版

背景 補足事項

  • 消滅可能性都市…民間有識者会議である日本創成会議・人口減少問題検討分科会の推計による、若年女性(20~39歳)の減少率が、2040年に2010年比で50%未満になる896自治体。人口の再生産が困難になり、将来的に消滅する可能性があるとした。

写真

「としまF1会議『消滅可能性都市』270日の挑戦」

問合せ

広報課

電話:03-4566-2533

お問い合わせ

更新日:2016年7月1日