ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成29年4月 > 「庁舎2周年記念写真展 国際アート・カルチャー都市 としま、未来へ」開催中

ここから本文です。

「庁舎2周年記念写真展 国際アート・カルチャー都市 としま、未来へ」開催中

「わたしの好きなとしまフォトコンテスト」の応募作品から投票で14点がカレンダーに!

報道発表日:平成29年4月18日

本日より、豊島区庁舎1階としまセンタースクエア(南池袋2-45-1)にて、「庁舎2周年記念写真展国際アート・カルチャー都市としま、未来へ」が開催中だ。入場無料で4月23日(日曜日)まで。
この写真展は、豊島区庁舎が落成より2周年を迎えるのを記念して、区内の風景写真を募った「2017わたしの好きなとしまフォトコンテスト」の応募作品を一堂に展示するものだ。雑司ヶ谷鬼子母神堂や法名寺、自由学園明日館といった歴史ある建造物から、豊島区駒込発祥と伝わるソメイヨシノ、立教大学のクリスマスイルミネーションなど、四季折々の魅力あふれる作品計100点を見ることができる。
今回の写真展では、来場者による投票が行われる。一人一日一票、受付に設置された表にシールを貼ってお気に入りの写真に投票でき、最終日の23日(日曜日)に審査・発表が行われ、上位優秀作品14点が決定する。選ばれた作品は文化デザイン課制作の「2018わたしの好きなとしまフォトカレンダー」に採用され、区のホームページで紹介されるほか、今後「庁舎まるごとミュージアム」(庁舎4階・回廊美術館)にも1か月間展示される予定だ。
本日は、開催初日にも関わらず、多くの人が会場を訪れ作品に見入っていた。会場には、池袋の夜景や、ノスタルジックな雑司ヶ谷など、豊島区らしい風景写真が並ぶ。目白庭園のカルガモの雛が行進する様子や、サンシャイン60と猫を同じ画面におさめた愛くるしい写真も見られた。なお、プロ写真家による特別写真展「都の西北、天空の700日 - 庁舎から見たとしま」も同時開催されている。
会場を訪れた夫婦は、「とても良かった。散歩するのにも良い場所が多く、区内にこんな所があるのだと気づかされた。会期中、何度も見に来たいと思います」と満足した様子だった。
また、今年3月に「Hareza(ハレザ)池袋」という愛称が決定した庁舎跡地エリアの模型の展示も行われ、豊島区の今とこれからを同時に見ることのできる展示となっている。
多彩な豊島区の風景が楽しめる今回の展示に是非足を運んで頂き、お気に入りの作品に一票を投じてみてはいかがだろうか。

写真

四季折々の風景を切り取った作品が並ぶ

四季折々の風景を切り取った作品が並ぶ

展示の様子

展示の様子

Hareza池袋の模型もお披露目

庁舎跡地エリアの模型も公開中

この報道発表に関するお問い合わせ

文化デザイン課 電話:03-3981-1476 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2017年4月18日