ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 平成29年11月 > 豊島区と良品計画 協働で地域コミュニティ醸成のための公共空間活用等を推進

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

豊島区と良品計画 協働で地域コミュニティ醸成のための公共空間活用等を推進

 「FFパートナーシップ協定」を締結

報道発表日:平成29年11月21日

豊島区(区長:高野之夫)と株式会社良品計画(本社:東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑曉)は「わたしらしく、暮らせるまち。」を基本コンセプトとし、協働でまちづくりを推進していくため、それぞれの強みを活かした人的、知的、物的資源の交流を図り、連携・協働する「FFパートナーシップ協定」(FF:Female/Family Friendlyの略、以下FF協定)を本日締結します。

同区内には大規模な都市公園がなく、区民ひとり当たりの公園面積は23区中最低ですが、小規模な公園・児童遊園が多数あり、面積当たりの公園数では23区でもトップクラスに入ります。しかし、地域の中に点在するそうした小規模公園は十分に活用されておらず、子育て世代のニーズにもマッチしていない現状にあります。一方、良品計画は、同区内の南池袋公園やグリーン大通り等における賑わい創出プロジェクトへの参加を通じ、公共空間を暮らしの中に活かす提案等を行ってきました。本協定を通じ、この取組みを拡充し、小規模公園を子育て世代にとって魅力あふれる地域コミュニティの場へと再生するプロジェクトに連携して取組んでいきます。

都会の小さな公園を地域住民のコミュニティ空間へ

区内に点在する中・小規模公園の活用方法のひとつとして、東池袋地域周辺の公園を地域コミュニティの場として活用するプロジェクトを本年12月よりパイロット的に開始していきます。
さらに、今後区内の用地を活用した都市農園プロジェクトにも良品計画のノウハウを活用し、取り組んでいきます。
また、本プロジェクトは良品計画が運営するサイト「ローカルニッポン」(http://localnippon.muji.com/)と、区の情報発信サイト「としまscope」(http://toshima-scope.city/)とのコンテンツ連携により発信していく予定です。

そのほか本協定の連携分野は以下となります。

(1)まちづくりや地域コミュニティの活性化に関すること

  • 公共空間の活用に関する協力
  • 遊休地、遊休施設の活用に関する協力
  • コミュニティイベントに関する協力
  • エリアブランドイメージ向上に資する企画立案、情報発信施策の企画開発
  • その他区内エリアの活性化に関する協力

(2)子育てや次世代育成支援に関すること

  • 食育、農育、自然体験などに関する協力
  • 子育て環境の整備及び関係施設運営に関する協力
  • 教育プログラムの企画及び実行に関する協力
  • その他次世代育成に関する協力

(3)働く世代の多様なワークスタイルや起業に関すること

  • 起業環境の整備などに関する協力
  • 起業支援(ノウハウや販路など)などに関する協力

(4)自然や環境との調和に関すること

  • 地方との共生などに関する協力
  • 環境保全、緑化空間創出の推進への協力
  • 地域物産振興などに関する協力
  • その他環境保全に関する協力

(5)防災や安全・安心に関すること

  • 防災に関する啓発などに関する協力
  • その他災害に関する協力

(6)多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する啓発活動への支援

(7)人材開発及び地域課題解決等における人的交流の実施

豊島区では、消滅可能性都市から持続発展都市への転換を図る対策の第一の柱に「女性にやさしいまちづくり」を掲げ、「わたしらしく、暮らせるまち。」を基本コンセプトに、子育て、住まい・くらし、働く、学ぶ、健康など、女性や子育て世代、働く世代の多様なライフスタイルを応援する施策・事業を展開しています。本年3月より、区と民間のノウハウやリソースの相互連携により様々な事業を公民連携・協働で進めることを目的としたFF協定を推進しており、これまで、西武池袋本店、東武百貨店池袋本店、サンシャインシティ、ルミネ池袋店と協定を締結しています。

この報道発表に関するお問い合わせ

女性にやさしいまちづくり担当課

電話:03-4566-2513

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2017年11月21日