ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成30年3月 > 「池袋アニメ『ふくろう』擬人化キャラクターデザインコンテスト」の受賞作品が決定!

マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

「池袋アニメ『ふくろう』擬人化キャラクターデザインコンテスト」の受賞作品が決定!

報道発表日:平成30年3月12日

豊島区が開催した「池袋アニメ『ふくろう』擬人化キャラクターデザインコンテスト」の受賞作品が決定しました。受賞作品は下記の通りです。

最優秀賞1

最優秀賞2

最優秀賞『射抜いてあげるよ』蒼茉ゆる

  作品名 作者名(ペンネーム)
最優秀賞
(賞金20万円)
『射抜いてあげるよ』 蒼茉ゆる
優秀賞
(賞金5万円)
『池袋のフクロウ』 SUZ@お仕事募集中
『ふくろうくん』 縁千代

 

豊島区と株式会社アニメイトは、2020年に向けたインバウンドプロモーションの強化のため、アニメの聖地・池袋を世界に向けて発信する「池袋PRアニメ」(約3分)を共同制作します。
今回のコンテストは、そのメインキャラクターの原案をイラスト投稿サイト「pixiv」において、昨年12月より募集したものです。応募期間内に投稿された作品数は826点です。
区では、アニメイト、豊島区観光協会、池袋インバウンド推進協力会など区内団体で組織する池袋PRアニメ制作実行委員会を設置して厳正なる審査を行いました。選考においては、「ふくろうの擬人化であるとわかりやすい」「池袋PRアニメのターゲットである女性にアピールできるデザインである」等の点が評価され、最優秀賞にペンネーム・蒼茉ゆる(そうま ゆる)さん(東京都葛飾区)の『射抜いてあげるよ』が選ばれました。
蒼茉ゆるさんは、「楽しく愛情込めて描いた少年キャラだったので最優秀賞を頂けて本当に嬉しいです!自分のデザインしたキャラがアニメで動く日が来るのかと思うと、今からとても楽しみです。少しでも沢山の方に見て頂き、好きになって頂けたら幸いです」と受賞の喜びを語っています。
今後、最優秀賞作品をもとに、プロのアニメーターがキャラクターデザインを新たに描きおこします。池袋PRアニメの公開は2019年を予定しています。

関連リンク

この報道発表に関するお問い合わせ

文化観光課 電話:03-3981-1316

 

 

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ

更新日:2018年3月12日