マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > まちのお店がギャラリーに!回遊型アート展覧会

ここから本文です。

まちのお店がギャラリーに!回遊型アート展覧会

「まち中つながる展覧会」第5回開催中

報道発表日:平成30年5月21日

豊島区西部エリア(南長崎、長崎、椎名町、千早、要町、北池袋)と練馬区の江古田周辺のエリアで「まち中つながる展覧会 第5回」が開催されている。期間は平成30年6月24日(日曜日)まで。
同展覧会は、絵画やイラスト、クラフトなど様々な〈アート作品〉を、たくさんの〈まちのお店〉へ飾り、新たな出会いや、つながりを生み出し、「アートで豊かなまち」を創り出そうという回遊型アートイベントだ。東京の住宅密集地にある商店群を、アートと生活の接点とすることで、「池袋モンパルナス」や「トキワ荘」という〈アート活動による相互作用〉があった地史の再提案や、日本大学芸術学部の協力による学生の作品参加、地域活性化を含めたアートによるエリアマネジメントを模索している。「まち中つながる展覧会」は、これまでに4回実施され、今回は55名の作家が138点の作品を出品し、参加する50店舗をギャラリーにする。
会期中は、アート作品の展示以外にも、植物や風物詩をモチーフに「季節とつながる練りきり作り 和菓子ワークショップ」なども開催される。展覧会終了後には、2018年6月28日(木曜日)~6月30日(日曜日)まで、「まち中むすびの展覧会」が北池袋・Kitaike Gallery Portfolioにて開催される。出品された全作品が展示されるとともに、アートユニット「Samuraidenki」のライブが行われる。
池袋西口周辺では、5月17日(木曜日)から30日(水曜日)まで、「第13回 新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」も開催されている。回遊美術館「まちかど展示会場」11箇所では「まち中つながるまちかど美術展」、区・障害福祉課と協力し「障害者アート展」を実施している。
アートをきっかけに街を巡れば、新たな出会いや街の魅力が見つかるかもしれない。

期間

平成30年6月24日(日曜日)まで

時間

各店舗営業時間に準じる

場所

東長崎、椎名町、千早、要町、西池袋、北池袋、江古田などにある参加店舗(50店舗程度)

主催等

主催:まち中つながる展覧会実行委員会
後援:豊島区、ねりま観光センター 協力:日本大学芸術学部
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

補足事項

まち中つながる展覧会 公式HP(新しいウィンドウで開きます)

写真

ワークショップの様子

ワークショップの様子

作品鑑賞(以前の回のもの)

作品鑑賞(以前の回のもの)

 

この報道発表に関するお問い合わせ

まち中つながる展覧会実行委員会

電話:03-5964-0032

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2018年5月23日