マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 「小さな公園のあおぞら美術館」を開催

ここから本文です。

「小さな公園のあおぞら美術館」を開催

アートトイレのある小規模公園で子どもたちによるアート体験、作品を展示へ

報道発表日:平成30年5月23日

長崎二丁目中央児童遊園(豊島区長崎2-25-11)において、「小さな公園のあおぞら美術館」が開催される。今回の企画は、13回目を迎える新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館の企画展示会場のひとつとして行われる。

会場である児童遊園内のアートトイレ内装をデザインした造形作家くどう道絵さんによる「園児のあおぞらクレイアート体験」や区とFFパートナーシップ協定(※)締結している株式会社良品計画の協力による「紙管こどもイスワークショップ」が行われるほか、園児のクレイアートや、隣接する中高生センタージャンプ長崎の利用者による作品が展示される。

豊島区は、暗い、汚いといった従来の公園トイレのイメージからの脱却をめざし、清潔で明るく親しみやすいトイレにするため、昨年度から区内85か所のトイレを3か年で改修、女性や子ども目線でアートトイレプロジェクトに取り組んでいる。平成29年度に改修したアートトイレ11か所のうちのひとつが今回の会場、長崎二丁目中央児童遊園のトイレであり、4月に完成を迎えたばかり。

地域に点在する小規模公園は十分に活用されておらず、子育て世代のニーズにもマッチしていない現状にある。区は、アートトイレをきっかけにして、小規模公園の活用を検討しており、このあおぞら美術館もその一環。アート鑑賞や体験、作品発表する場として活用する。

FFパートナーシップ協定
「わたしらしく、暮らせるまち。」を目指し、企業と連携・協働し、お互いの強みを活かしたノウハウやリソースを活用して、女性や子育て世代・働く世代をメインターゲットとした様々な事業に取組む。昨年3月以降、西武池袋本店、東武百貨店池袋本店、サンシャインシティ、ルミネ池袋店、良品計画、池袋ショッピングパークと協定を締結し、連携して実施した企画・事業数は41本、参加者数は延2,700人にものぼる。

日時

平成30年

5月25日(金曜日)

5月26日(土曜日)

5月27日(日曜日)

場所

長崎二丁目中央児童遊園(豊島区長崎2-25-11)

主な展示・イベント情報

紙管こどもイスワークショップ 協力:株式会社 良品計画

開催日時:5月26日(土曜日)午前10時半~正午 ※雨天中止
■参加費:1,500円(税込)
■定員:10名 ※当日受付、先着順
■対象年齢:小学生以下 ※保護者同伴可
 ※紙管こどもイスの適応身長(目安):100~120cm

長崎保育園 5歳児のあおぞらクレイアート体験・作品展 講師:くどう道絵さん

長崎二丁目中央児童遊園のアートトイレを製作したくどう道絵さん(造形作家)による、長崎保育園の園児(5歳児)を対象としたワークショップを開催します。アート体験後、作品展示を行います。
■アート体験開催日時:
 5月25日(金曜日)
 午前10時頃~午前11時頃
 ※一般の方の観覧可
 (体験参加は不可)
■作品展示:
 5月25日(金曜日)
 午前11時頃~午後4時半
 5月26日(土曜日)・27日(日曜日)
 午前10時~午後4時半

ジャンプ長崎利用者の作品展

■5月25日(金曜日)~27日(日曜日)午前10時~午後4時半

写真

紙管こどもイス

紙管こどもイス

あおぞらクレイアート体験・作品展

あおぞらクレイアート体験・作品展

 

この報道発表に関するお問い合わせ

「わたしらしく、暮らせるまち。」推進室

電話:03-4566-2513

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2018年5月23日