マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > テレビ電話による多言語通訳サービスを試行実施

ここから本文です。

テレビ電話による多言語通訳サービスを試行実施

増加する外国人住民への窓口サービスを充実

報道発表日:平成30年5月25日

豊島区は、6月1日(金曜日)より、本庁舎の窓口にてタブレット端末を使ったテレビ電話による多言語通訳サービスを試行実施する。外国人住民の方が、母国語の通訳を介して手続きや相談を行うことができ、人口が増加している外国人住民へのサービス向上につなげる。

今回は、本庁舎3階の税務課、国民健康保険課、4階の子育て支援課にそれぞれ1台、計3台のタブレットを設置。本庁舎内の窓口で使用可能で、英語、中国語、韓国語の他、ベトナム語、ネパール語など12言語に対応する。

豊島区の外国人住民の人口は、5月1日現在30,115人で、全人口の10.4%を占め、人口に占める外国人の割合が23区で2番目に高い。豊島区の外国人住民数は年々増加し、特にベトナム、ネパール、ミャンマー国籍の住民が急増、外国人住民全体の32.2%となっている。

区では、英語、中国語の通訳ができる臨時職員を総合窓口課に配置しているが、英語、中国語では対応できないケースが増えてきた。今回の多言語通訳サービスの導入により、日本語が話せない外国人の方に正確な行政情報の説明ができ、外国人の方が生活しやすい環境づくりの推進が期待できる。今年度は本庁舎にて試行実施し、その結果を検証のうえ、本格実施に向けた検討を行う。

実施概要

  • 実施開始日 平成30年6月1日(金曜日)
  • 設置窓口 本庁舎3階 税務課、国民健康保険課、4階 子育て支援課 ※平日のみ
  • 対応言語 12言語 英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語・タイ語・ベトナム語・フィリピン語・ネパール語・ヒンディー語・フランス語・ロシア語 ※言語により対応時間は異なる

写真

通訳サービス

12言語に対応

テレビ電話で会話(イメージ)

テレビ電話で会話(イメージ)

この報道発表に関するお問い合わせ

区民相談課事業グループ

電話:03-4566-2411

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2018年5月25日