マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成30年7月 > さらなる働き方改革を推進!

ここから本文です。

さらなる働き方改革を推進!

「日」単位で時差勤務&テレワークの試行実施

報道発表日:平成30年7月13日

豊島区は、ワーク・ライフ・バランス推進のために導入している時差勤務の利用を促進するため、都主催の「時差Biz」に参加し、その期間(7月9日から8月10日まで)に限り、理由を問わず「日」単位で時差勤務を利用できるようにした。
通常は「月」単位での利用を原則としているが、利用しやすい「日」単位での利用を認めることで、より多くの職員に時差勤務を経験してもらい、さらなる利用促進と制度周知を図る狙いだ。
また、国主催の「テレワーク・デイズ」(7月23日から27日まで)に参加し、テレワーク(在宅勤務)を試行実施する。
テレワーク(在宅勤務)は、働き方改革や交通混雑回避の切り札として注目されており、また、本区職員からもテレワーク導入を希望する声が多くあがっていることから、今回の試行実施を将来的な導入を見据えたトライアルと位置付ける考えだ。
試行実施の対象は管理職とし、テレワーク(在宅勤務)利用時の業務遂行状況は、始業時には予定している業務を、終業時には業務の成果をメールで報告させることにより把握する。
試行実施後は、目的・課題を整理し、本格導入に向けた検討を行う予定だ。
区の小野寺人事課長は「従来の固定的な働き方を見直す時期が来ている。時差勤務やテレワーク等、新しい働き方に本区が率先して取り組むことにより、働き方改革の機運を高め、他自治体や民間企業等に波及させたい。」と話している。

1.時差勤務の「日」単位利用

1.期間

7月9日(月曜日)から8月10日(金曜日)

2.対象

交替制等勤務職場(保育園、図書館等)を除く全職員(約1,400名)

2.管理職を対象としたテレワーク(在宅勤務)の試行実施 

1.期間

7月23日(月曜日)から27日(金曜日)

2.対象

管理職 約100名

この報道発表に関するお問い合わせ

人事課 電話03-3981-1247

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2018年7月13日