マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > フードロス削減に向けて区民の集いが開催

ここから本文です。

フードロス削減に向けて区民の集いが開催

~3つの講演とフードドライブでフードロス削減をPR~

報道発表日:平成30年8月27日

8月27日(月曜日)午前10時30分から、豊島区役所本庁舎1階としまセンタースクエアで区民の集い「フードロス削減の取組みの輪を広げよう!」が開催された。
区では、ごみの削減という観点から、平成28年度よりフードロス削減対策に取り組んでおり、区民の集いという形で実施するのは今回がはじめてだった。
区民の集いは3部構成の講演をメインに行われた。一つ目は「フードロスって何?」。これまで区が行ってきたフードロスに関する取り組みと、フードドライブ窓口の常設化の検討など今後進めていく取り組みを、区のごみ減量推進課長から説明を行った。
二つ目は、「フードドライブで集めた食品はどこへ?」。区はこれまでのフードロスイベントで区民の方に余っている食品を提供してもらうフードドライブを行ってきた。今回は、その集まった食品が実際にはどのような人たちに、どのように活用されているのかを豊島区社会福祉協議会の大竹課長が講演した。
三つ目は、「食材を無駄にしないおいしい食べきりレシピの紹介」。区は、フードロスの削減の区民向け講座を、連携している女子栄養大学と行ってきた。講座の中で、普段の調理では捨ててしまいがちな食材を使い切るレシピを紹介してきたが、今回の講演では女子栄養大学の豊満(とよみつ)先生が、食べきりレシピの紹介を行った。
また、会場では参加者に家庭で余っている食品を提供してもらい、必要とする方にお届けするフードドライブも実施され、様々な食材が集まっていた。
当日は120名ほどの区民が集まり、講演やレシピの紹介に聞き入っていた。参加者の女性は「フードロス削減の取り組みは知っていたが、より詳しく知ることができた。もっといろいろな食べきりレシピに挑戦したり、フードドライブにも参加してみたい」と話していた。

日時

平成30年8月27日(月曜日)
午前10時30分から午後12時まで

場所

としまセンタースクエア
豊島区南池袋2-45-1 豊島区役所1階

主催

環境清掃部 ごみ減量推進課

写真

フードドライブで集まった食材

講演の様子

この報道発表に関するお問い合わせ

豊島区環境清掃部 ごみ減量推進課

電話:03-3981-1142

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2018年8月28日