ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成30年11月 > 災害時、働く女性に起きることを女性の視点から学ぶ

ここから本文です。

災害時、働く女性に起きることを女性の視点から学ぶ

平成30年度 防災ウーマンセミナー開催

報道発表日:平成30年11月19日

11月21日(水曜日)に豊島区役所1階としまセンタースクエアにて「平成30年度防災ウーマンセミナー」を開催します。
このセミナーは、東京都主催、豊島区協賛事業であり、女性の防災人材育成のために開催するものです。今回は職場編。災害時、働く女性に起きることを女性の視点から学びます。
テーマは2つ。
1つは、「災害対応に女性の視点を活かす重要性」。講師は、男女共同参画視点の防災をテーマに全国各地で講演・講座・研修を行っている浅野幸子氏。
もう1つのテーマは、「災害時、働く女性に起きること~3日間、職場に留まって困ることと必要な知識・対策~」。災害時の母子保健整備のための人財育成、ガイドラインの作成等に関わっている吉田穂波氏を講師に迎えます。
区の担当者は、「女性視点の防災対策を学べる絶好の機会です。男女を問わずぜひ参加して下さい。」と呼びかけています。

日時

平成30年11月21日(水曜日)午後6時半から午後8時40分(開場は午後5時半)

場所

豊島区役所1階としまセンタースクエア(豊島区南池袋2-45-1)

対象

都内在住・在勤・在学の方

定員

250名(11月20日までの事前申込制)

申込み先

防災ウーマンセミナー事務局(株式会社トライ内)
住所:〒113-0021 東京都文京区本駒込3-9-3
電話番号:03-3824-7232
受付時間:平日午前9時から午後5時まで

内容

講演1

「災害対応に女性の視点を活かす重要性」
講師:減災と男女共同参画 研修推進センター 共同代表 浅野 幸子 氏

講演2

「災害時、働く女性に起きること。3日間、職場に留まって、困ることと必要な知識・対策」
講師:神奈川県立保健福祉大学 ヘルスイノベーションスクール設置準備担当教授 吉田 穂波 氏

問い合わせ先

防災危機管理課 電話:03-4566-2578

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2018年11月19日