ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成30年12月 > 区民を対象とした被災者生活再建支援訓練を実施

ここから本文です。

区民を対象とした被災者生活再建支援訓練を実施

報道発表日:平成30年12月6日

12月11日(火曜日)午後1時20分より、豊島区庁舎1階としまセンタースクエア(南池袋2-45-1)ほかにて、「被災者生活再建支援訓練」を実施する。

本訓練は区民を対象とした無料の体験型訓練。60名を定員として参加者を公募して行う。

訓練の内容は、住家被害認定調査・罹災証明書発行・生活再建相談の3つの業務についての訓練を行う。住家被害認定調査業務では、認定調査について実際に行っている内容などについて講義を行う。罹災証明発行、生活再建相談業務ではそれぞれ罹災証明書の申請や生活再建相談・支援の申し込みの体験ができる。
また、当日は自治体の職員向けの住家被害認定の模擬調査コーナーも開設される。

訓練にあたり増子区民活動推進課長は「今回で3回目になる訓練だが、これまで職員が学び培ってきたことを初めて区民の皆様に体験していただく機会となる。区民の皆様にご理解いただけたか、災害時のフローとして問題はないかなど、しっかり検証していきたい。」と話している。

 

平成30年度 豊島区被災者生活再建支援訓練

会場

豊島区庁舎1階としまセンタースクエアほか(南池袋2-45-1)

日時

平成30年12月11日(火曜日) 午後1時20分から午後4時まで

実施内容

住家被害認定調査の講義・罹災証明書発行の申請体験・生活再建相談の体験

この報道発表に関するお問い合わせ

区民活動推進課

電話:03-4566-2311

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2018年12月7日