マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成31年1月 > 多文化をテーマに公園トイレを彩る

ここから本文です。

多文化をテーマに公園トイレを彩る

小学校児童参加のワークショップを開催

報道発表日:平成31年1月8日

 

豊島区は2017年から3か年で区内85か所の公園トイレの建て替え、改修を進めている。そのうち、建て替え対象の約30か所がアーティストと子どもたちなどで壁画や内装ラッピングを施すアートトイレになる。
今回、アート制作を行なうのが池袋第ニ公園(池袋3-29-4)である。壁画を担当するのは壁画・ライブペイント・イラストレーションやアートプロジェクトの企画・監修・演出など東京と大阪を拠点に活動中のアーティスト、大山康太郎氏。大山氏は、公園のある池袋地域が外国人の多い地域という特徴に着目し、「多様性」「多文化」をテーマに、地球をメインに配置するデザインを制作した。また、壁画制作には、外国人の生徒数も多い池袋小学校二年生の生徒が参加。生徒たちが自分や地球にとって大切なものを思い思いに描き、大山氏が大きな地球の壁画に仕上げるフリーウォール形式のワークショップが行われる。
開催にあたり「わたしらしく、暮らせるまち。」推進室の宮田 麻子室長は、「これまでに複数のアートトイレを手掛けてきましたが、今回のようなフリーウォール形式は初めての試み。国際色豊かな池袋で、子どもたちとアーティストのコラボがどのようなデザインを生み出すのか楽しみです。」と話している。

池袋第二公園 アートトイレワークショップ開催概要

実施日時:平成31年1月10日(木曜日)1.9時40分~10時30分 2.10時45分~11時35分
◆場所:池袋第二公園(池袋3-29-4)
◆内容:池袋小学校2年生生徒たちが、1.自分にとって大切なもの、2.地球にとって大切なものについて描いた絵をベースに、アーティストが大きな地球の壁画に仕上げる

大山康太郎氏 プロフィール

アーティスト/プロデューサー。京都市立芸術大学美術学部卒。1979年生。奈良県在住。壁画・ライブペイント・イラストレーションや、アートプロジェクトの企画・監修・演出など、東京と大阪を拠点に活動中。これまでに、FacebookJapan本社やNIKE本社など、著名な企業の社内壁画を描いてきた。また、アートプロジェクト#BCTIONを企画・監修。2週間の開催で1万5千人を集客し、TV・新聞・ラジオ・雑誌に広く取り上げられ、・インターネット・SNSでも話題となった。

この報道発表に関するお問い合わせ

「わたしらしく、暮らせるまち。」推進室

電話:03-4566-2513

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2019年1月8日