マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成31年1月 > 『オールとしま・ウエルカム・東アジア 』&『 区庁舎がマンガ・アニメの城になる』開催

ここから本文です。

『オールとしま・ウエルカム・東アジア 』&『 区庁舎がマンガ・アニメの城になる』開催

~東アジア文化都市2019豊島 オープニング展示 豊島区ゆかりの豪華作家陣による原画展示&トーク決定!!~ 

報道発表日:平成31年1月31日

東アジア文化都市2019豊島のオープニング展示、マンガ・アニメ部門スペシャル事業である「オールとしま・ウエルカム・東アジア」、「区庁舎がマンガ・アニメの城になる」にて、豊島区ゆかりの豪華作家陣による原画展示&トークセッションが決定いたしました。

「オールとしま・ウエルカム・東アジア」

開幕式典が開催される東京芸術劇場にて、豊島区が育んできたマンガ・アニメの歴史や事業を紹介します。「豊島とマンガ・アニメ、その過去・現在・未来」をテーマに、豊島区ゆかりの作家陣による原画展を開催!島本和彦の描き下ろしイラスト、手塚治虫 赤塚不二夫といった豊島区ゆかりの作家による原画展示を開催!更に、鈴木伸一×ひこねのりおをはじめとする豪華ゲストでのトークセッションを開催いたします。

「区庁舎がマンガ・アニメの城になる」

マンガ・アニメに出会える特別な11日間。クリヨウジ、さいとう・たかを、里中満智子、夏目房之介、しりあがり寿といった、日本を代表する作家や研究者によるここでしか見られないテーマインタビュー映像を上映!さらに様々な分野で活躍するプロモーション映像担当作家の久野遥子の特集展示を行います。チラシ

『オールとしま・ウエルカム・東アジア』

詳しくは、東アジア文化都市2019豊島公式ホームページ https://culturecity-toshima.com/event/965/

期間

2月1日(金曜日)~3日(日曜日) 午前11時~午後8時30分(3日のみ午後4時まで)

会場

東京芸術劇場ギャラリー1( 東京都豊島区西池袋1−8−1)
入場無料

展示内容

豊島区ゆかりの作家による原画展示、トークセッション
区内マンガ・アニメ事業推進団体、民間企業PRブース ほか

原画展示参加作家:手塚治虫 赤塚不二夫 水野英子 里中満智子 山田貴敏
島本和彦 藤田和日郎 藤沢とおる ほか
特別展示:鈴木伸一
コーナー展示:アニメイト「アニメ店長」 (仮称)マンガの聖地としまミュージアム

トークセッション

2月2日(土曜日) 15時00分 鈴木伸一×ひこねのりお 進行:古川タク(マンガ・アニメ部門総合ディレクター)
17時00分 古川タク×久野遥子 進行:土居伸彰(マンガ・アニメ部門事業ディレクター)
2月3日(日曜日) 12時30分 藤沢とおる×山田貴敏 進行:山内康裕(マンガ・アニメ部門事業ディレクター)
14時30分 島本和彦×藤田和日郎 進行:石田真悟(小学館 ゲッサン編集部)
無料/入場整理券あり 各回45分程度を予定
※各日11時00分より同日に行われる全ての回の、椅子席の入場整理券を配布

『区庁舎がマンガ・アニメの城になる』

詳しくは、東アジア文化都市2019豊島公式ホームページ https://culturecity-toshima.com/event/971/

期間

2月1日(金曜日)~11日(月・祝) 午前9時~午後5時

会場

豊島区役所本庁舎3階~5階、10階豊島の森(東京都豊島区南池袋2丁目45−1)
入場無料

展示内容

インタビュー「マンガ・アニメと社会・未来」
参加作家:クリヨウジ、さいとう・たかを、夏目房之介、しりあがり寿 ほか
・特集「久野遥子と巡る、マンガ・アニメのいろいろな作り方」 ほか

オープニング展示 スタンプラリー 2会場各所を巡ってオリジナルグッズを2種そろえよう!

東アジア文化都市2019豊島 / 池袋PRアニメ 特製クリアファイル プレゼント!

限定数・なくなり次第終了します

2月4日以降は「区庁舎がマンガ・アニメの城になる」のみの参加でも特製クリアファイル1種のプレゼントします。

詳しくは、現地係員にお尋ねください

写真

 としまの森

豊島の森 柵の展示は左右でイラストが変わります

展示

 庁舎5階の展示

西安市の視察

中国西安市の視察団も来場しました

この報道発表に関するお問い合わせ

東アジア文化都市2019豊島実行委員会事務局

電話:03-4566-2841 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2019年2月2日