マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】平成31年2月 > 子ども・若者のSOSを見逃さない!

ここから本文です。

子ども・若者のSOSを見逃さない!

自殺予防を地域全体で取り組むための講演会
豊島区が自由学園明日館・東京第一友の会と連携

平成31年3月6日

警視庁の統計によると、全国の自殺者全体の数は2003年をピークに近年減少傾向であるが、小中高校生の自殺者数は例年300件前後にも上っている。また、豊島区においては区内の自殺死亡率が全国平均より高く、自殺は若年層(10~30歳代)で最も高い死亡要因となっている状況である。
このような状況の中、豊島区では今年度から子ども若者総合相談事業を開始し、若者の自殺対策事業を中高生の居場所である中高生センタージャンプ(以下、ジャンプ)で始めた。自殺を予防するためには、子どもや若者のSOSをキャッチできる大人を増やし地域全体で取り組む必要があり、今回、区民一人ひとりに何ができるのか考える機会とするための講演会を開催する。
また、豊島区は「わたしらしく、暮らせるまち。」をコンセプトに掲げ、昨年12月に、自由学園明日館や婦人之友社、東京第一友の会と包括連携協定(FFパートナーシップ協定)を締結。料理や掃除など、若い世代の「生きる力」や「生活力」向上につなげるための講座を継続的に開催することで、ジャンプ利用者と友の会会員との交流を図っている。
こうした動きが今回の講演会につながり、講師には、大阪府子ども家庭サポーターとして現場のさまざまなケースに関わってきた辻由起子氏を招き、実体験に基づいた「子どもの心の声を聴くポイント」を中心とした講演内容となっている。会場は、国の重要文化財である自由学園の明日館講堂で行われる。
担当者は「子どもや若者、また多くの世代の方に来ていただき、自殺予防について考え、取り組む機運を地域全体に広げていきたい」と語っている。講演会当日は、友の会会員と中高生で作ったクッキーが参加者にふるまわれ、これまでの様々な活動内容をまとめたパネル展示も行う。

日時

平成31年3月10日(日曜日)

12時30分(受付開始)13時30分(開演)15時(終了予定)

場所

自由学園 明日館講堂(豊島区西池袋2-31-3)

この報道発表に関するお問い合わせ

中高生センタージャンプ長崎

電話:03-3972-0035

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2019年3月6日