ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】令和元年5月 > 早めの介護予防 「フレイル対策センター」を開設

ここから本文です。

早めの介護予防 「フレイル対策センター」を開設

令和元年5月10日 

区は本日5月10日、東池袋に「フレイル対策センター」を開設した。
「フレイル」とは健康と要介護状態の中間の状態をいい、早期に対策をすることにより健康寿命を延ばすことができるといわれている。「フレイル対策センター」には地域のフレイル予防の拠点となることが期待されている。
対策センターでは、フレイルチェックなどの健康測定や豊島区オリジナルの「としまる体操」の実施、各種講座の開催などフレイル対策事業に加え、フレイル予防や介護予防、生活習慣病などに関する専門職の相談事業、認知症カフェや認知症介護者の会の開催などの認知症対策事業を行う。
また、高齢者交流の場として、カフェの設置やおとな食堂を実施する。
カフェでは、低栄養が気になるかた向けの高たんぱくメニューや口腔機能が気になるかた向けの無理なくかみごたえのあるメニューなど、特色あるメニューを提供する。
おとな食堂では、高齢者の孤食、閉じこもりを抑止するため、週1回水曜日夕方・夜間に食事の提供を行う。今後は、おとな食堂と子ども食堂との連携も実施予定だ。
「フレイル対策センター」の開設にあたり区の担当者は「フレイル対策をコンセプトに、健康寿命を延ばし、地域に介護予防の拠点が拡がり定着することで、区民と地域がより元気になることを目指したい」と話している。

写真

 

体組成計(左)と連携して分析可能な運動機能分析装置(右)

カフェの様子

1.施設の所在地

豊島区東池袋2-38-10

2.開館時間及び休館日

開館時間:午前9時から午後4時まで
休 館 日:日曜日、国民の祝日、12月29日~1月3日

この報道発表に関するお問い合わせ

介護予防・認知症対策グループ

電話03-4566-2434

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2019年5月15日