ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】令和元年8月 > Echika池袋ギャラリーで「池袋の秋2019」パネル展開催中

ここから本文です。

Echika池袋ギャラリーで「池袋の秋2019」パネル展開催中

~秋の季節の3大イベントを紹介~

令和元年9月3日

現在、Echika池袋ギャラリーで、「ふくろ祭り」「東京よさこい」「東京芸術祭」の見どころやスケジュールを紹介するパネル展を開催している。

「ふくろ祭り」は豊島区区最大規模の秋の祭り。前半(9月)は「御輿の祭典」、後半(10月)は「踊りの祭典/東京よさこい前夜祭」で構成されている。御輿の祭典は、地元の御輿13基のほか、近隣から大みこしが5基集結し、池袋中が人と御輿で埋まる。踊りの祭典では、フラダンス、極真の空手演舞、江戸芸かっぽれ、佐渡おけさ、池袋やっさ、東京音頭など音楽と踊りが満載である。

「東京よさこい」は今年で20回目を迎える。過去最多の全国から集まる100を超えるチームが、区内7会場で熱気にあふれた踊りを披露し、街全体がよさこいの熱い舞台となる。本場・高知のよさこいをベースに、独自のアレンジを加えた勇壮かつ優雅な踊りと、工夫を凝らした華やかな衣装が見どころだ。

「東京芸術祭」は、東京の多彩で奥深い芸術文化の魅力を分かり易く見せると同時に、東京における芸術文化の創造力を高め、世界とつながることを目指した、都市型の総合芸術祭。9月21日(土曜日)から11月23日(土曜日)にかけて池袋を拠点に開催される。様々な舞台芸術を豊島区池袋エリアにて展開し、新たな価値観をはぐくむ交流と参加の場が生まれる。

 今年は東アジア文化都市に選定され、西口公園のリニューアル、新ホールが建設されるなど大きな節目にいる豊島区であるが、変わらずに続いている池袋の秋の祭り。見物客もまきこんで街の中に非日常の祝祭空間を作り出す「祭り」を、パネルを通して体感できる展示である。

日時

9月29日(日曜日)まで 午前6時から午後11時まで

場所

Echika池袋ギャラリー(東京メトロ副都心線池袋駅構内)

写真

展示の様子

展示の様子

ずらりと並ぶパネル

ずらりと並ぶパネル

この報道発表に関するお問い合わせ

公益財団法人としま未来文化財団 電話:03-3981-4732

 

お問い合わせ

更新日:2019年9月3日