ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】令和元年10月 > 「マンガの聖地としま!モニュメント」設置記念展

ここから本文です。

「マンガの聖地としま!モニュメント」設置記念展

~藤子不二雄Ⓐ、石ノ森章太郎、赤塚不二夫を紹介する展示を2か所で開催中~

令和元年10月8日

豊島区トキワ荘通りお休み処(南長崎2-3-2)と椎名町駅ギャラリー(長崎1-1-22)の2ヶ所で「マンガの聖地としまモニュメント設置記念展」が開催されている。本展示は、藤子不二雄Ⓐ『怪物くん』、石ノ森章太郎『サイボーグ009』、赤塚不二夫『天才バカボン』のモニュメントが6月に西武池袋線・椎名町駅に設置されたことを記念したもの。

藤子不二雄Ⓐ、石ノ森章太郎、赤塚不二夫は、いずれも豊島区にあったアパート「トキワ荘」に住んだマンガ家だ。3名は、トキワ荘のマンガ家を中心に結成したグループ「新漫画党」のメンバーでもあった。「新漫画党」は、機関紙の発行や、合作の発表などの活動を行った。時には、メンバーの部屋に集まって会合を行い、交流を深めたという。当時、世間ではまだ「マンガ家」という職業が一般的ではなかったが、彼らはこの場所で、仲間としてお互いに大きな影響を与え合い、家族のように強いきずなが生まれた。そのようなマンガ家のきずなから、今回は仲間や家族で活躍するキャラクターにスポットをあてたモニュメントを制作した。展示では、マンガ家のプロフィールやモニュメントとなった作品、マンガ家のきずなについて紹介する。

区の担当者は、展示にあたり「3作品が並んだモニュメントは圧巻です。まち歩きをしながら展示とモニュメントを巡っていただければと思います。」と語っている。

注:手塚の「塚」は旧字、石ノ森の「ノ」は小文字

期間

豊島区トキワ荘通りお休み処:開催中~12月28日(土曜日)まで

椎名町駅ギャラリー:開催中~終了時期未定

場所

豊島区トキワ荘通りお休み処:豊島区南長崎2-3-2

椎名町駅ギャラリー:豊島区長崎1-1-22

開館時間

豊島区トキワ荘通りお休み処:午前10時から午後5時(最終入館午後4時30分)

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、翌日火曜日が休館)年末年始

椎名町駅ギャラリー:椎名町駅の営業時間に準ずる

主催

豊島区/公益財団法人としま未来文化財団/としま南長崎トキワ荘協働プロジェクト協議会

写真

展示の様子

展示の様子

ファン必見の各マンガ家の紹介がずらり

ファン必見の各マンガ家の紹介がずらり

この報道発表に関するお問い合わせ

文化観光課 電話:03-5992-7018

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2019年10月8日