ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】令和元年10月 > コンドルズ×豊島区民『Bridges to Babylon-ブリッジズ・トゥ・バビロン-』

ここから本文です。

コンドルズ×豊島区民『Bridges to Babylon-ブリッジズ・トゥ・バビロン-』

~東京建物 Brillia HALLこけら落としシリーズ~

令和元年10月29日

11月20日(水曜日)~23日(土曜日・祝日)、東京建物 Brillia HALLこけら落としシリーズにコンドルズが登場し、公募による参加者総勢180名と新作ダンス公演を披露する。

コンドルズ×豊島区民『Bridges to Babylon-ブリッジズ・トゥ・バビロン-』というタイトルは、ブリッジ=橋をかけるという意味合いを含み、「国を超え世代を超え、ダンスを通してつながろう!」というメッセージが込められている。

公演は、高らかなファンファーレで有名な「ウイリアム・テル序曲」(ロッシーニ)に合わせて、小学生から70代までの参加者が踊る軽快なダンスシーンから始まる。参加者の中には、ダンス未経験者も含まれるが、計5回のワークショップを経て(次回は11月17日を予定)、子どもも大人も一緒に、圧巻のダンスを繰り広げる。新ホールのステージを目いっぱいに使ったエネルギッシュなダンスは迫力満点。更にヒートアップする本編での、コンドルズメンバーとのコラボレーションも見逃せない。コンドルズが、メンバー以外の出演者と共演するのは、初の試み。

本公演は新ホールのオープニングを賑やかに祝福し、これからの門出を祝う公演となる。

概要

  • 公演日時:令和元年11月20日(水曜日)から23日(土曜日・祝日)
  • 場所:東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場) 東京都豊島区東池袋1-19-1
  • 構成・映像・振付:近藤良平
  • 出演:石渕聡 オクダサトシ 勝山康晴 香取直登 鎌倉道彦 ぎたろー(新人) 黒須育海 古賀 剛 小林顕作(映像出演) ジントク
    スズキ拓朗 田中たつろう 橋爪利博 藤田善宏 安田有吾 山本光二郎 近藤良平
  • 主催:公益財団法人としま未来文化財団/豊島区/東アジア文化都市2019豊島実行委員会/東京芸術祭実行委員会
  • あうるすぽっとホームページ『Bridges to Babylon』(新しいウィンドウで開きます) 

写真

コンドルズ

コンドルズ(撮影:HARU)

この報道発表に関するお問い合わせ

あうるすぽっと 電話03-5391-0751

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2019年10月30日