マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】令和2年10月 > 南北区道が池袋の新たな賑わいの軸に!~10月31日(土曜)より交通規制を実施します~

ここから本文です。

南北区道が池袋の新たな賑わいの軸に!~10月31日(土曜)より交通規制を実施します~

令和2年10月22日

池袋の賑わいの拠点をつなぐ南北区道(※)が10月31日(土曜)より歩行者優先空間に生まれ変わります。

池袋は南池袋公園のリニューアルやHareza池袋のオープンなどを契機に、歩行者の賑わいがまち全体に広がるようになりました。コロナ禍で来街者が激減した時期もありましたが、今では賑わいが戻ってきました。特にHareza池袋周辺の南北区道にはアニメ関連ショップが多くあり、休日には約3万5千人もの歩行者で賑わっています。南北区道はかねてより、歩行者の安全性の確保が課題となっていましたが、3カ年に渡る歩行者優先化の実証実験を行い、10月31日より土日休日の午後に車両通行規制を実施することになりました。これにより、既に規制がかかっているサンシャイン60通り、サンシャイン通りに加えて南北区道にも歩行者優先空間が拡大します。

また、交通規制を実施する上で課題となったのが荷さばき車両です。コンビニや飲食店などは休日でも商品の搬入などがあり、交通規制時においても安全に荷さばきを行う必要があります。そこで、地元商店会、運送事業者、コンビニ、自動販売機の協会など荷さばきに関わる多様な主体計32人が参画する協議会を立ち上げ、荷さばきルールを策定しました。このルールでは荷さばきを行う曜日や時間帯の変更や共同荷さばきスペースの活用などにより、賑わいと物流との両立を目指し、10月31日より運用を開始します。

豊島区はウォーカブル推進都市として、今後もさらなる歩行者中心のまちづくりを推進していきます。

 ※南北区道…Hareza池袋を中心に南北に伸びる区道

南北区道周辺荷さばきルール概要版(PDF:1,067KB)

交通規制の内容

(新たな交通規制)南北区道:土日休日12時から19時(自転車を除く)

(既存の交通規制)サンシャイン60通り:土日休日10時から22時(自転車を除く)

サンシャイン通り:土日休日12時から19時(自転車を除く)

地図

 地図

南北区道周辺地図

この報道発表に関するお問い合わせ

都市計画課交通政策グループ 電話:03-4566-2635

 

お問い合わせ

更新日:2020年10月22日