マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】令和3年3月 > 駅ナカで丸シールアートの魅力を発信

ここから本文です。

駅ナカで丸シールアートの魅力を発信

~こどもたちと現代美術作家・大村雪乃氏の作品をEchika池袋ギャラリーで展示中~

令和3年3月4日 

Echika池袋ギャラリー(東京メトロ池袋駅構内)にて、「こどもたち×大村雪乃丸シールアートの魅力」展が3月30日(火曜日)まで開催されています。当展示は平成30年に発足したこどもとアートを結ぶ「架け橋プロジェクト」の一環として実施されています。

今回の「丸シールであそぼう!!」という企画は、コロナ禍でこどもたちの外出の機会が奪われる中、“誰もが気軽に手に取れるもの”を素材とし、アートが生活に寄り添うものになることを願って2020年夏に始まりました。

書類のカラー分類などに使われる身近な「丸シール」を素材とした作品で知られる現代美術家・大村雪乃氏の協力のもと、大村氏監修の「貼り絵工作キット」に取り組んだこどもたちから丸シール作品を募集。100点以上の応募がありました。応募作品を大村氏の手で大きなコラボレーション作品にまとめあげ、昨年10月から区内施設にて巡回展示を実施しました。

締めくくりとなる今回の展示では、特別に大村氏の代表的な作品もご紹介しています。日常で使われる身近な素材から生み出されるオリジナリティに満ちた作品をお楽しみください。

展示内容

  • 「架け橋プロジェクト」の成果として、こどもたちと大村雪乃氏がつくりあげたコラボレーション作品2点
  • 上記作品を監修・制作した大村雪乃氏の代表的な「丸シールアート」作品4点

日時

令和3年3月30日(火曜日)まで 午前6時から午後11時

場所

Echika池袋ギャラリー(東京メトロ池袋駅構内)

主催

公益財団法人としま未来文化財団

協力

大村雪乃(丸シールアーティスト)

大村雪乃氏プロフィール

1988年生まれ。東京在住。2013年多摩美術大学美術学部絵画学科油画卒業。美術大学在学中に文房具の丸シールで夜景を表現する絵画を発表し、素材の意外性とビジュアルの美しさで2012年Tokyo Midtown Awardにてオーディエンス賞を受賞。主な展覧会に銀座三越、六本木アートナイト、金沢しいのき迎賓館、観光庁の要請により2018年にはフランスで初の個展を開催。作品制作だけでなくアートキットの商品開発、書籍の装丁など様々な分野で活動の場を広げる。

写真

展示の様子

  展示の様子

大村雪乃氏

大村雪乃氏

この報道発表に関するお問い合わせ

財団法人としま未来文化財団 活動支援グループ 電話:03-3981-4732

 

 

お問い合わせ

更新日:2021年3月4日