ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】令和4年8月 > ~23区初!「にっぽんの宝物プロジェクト」スキームを活用~ 「東京としまの宝物」セミナーの開催

ここから本文です。

「東京としまの宝物」セミナーの開催

~23区初!「にっぽんの宝物プロジェクト」スキームを活用~

地域資源の発掘により区内産業の活性化を図ります!

令和4年8月5日

豊島区は、地域の信用金庫や民間企業・団体等と連携し、商品・サービスの開発や新たな販路開拓を目的としたセミナーを開催します。異業種とのコラボレーションにより、商品の魅力を全国・世界に発信できるようサポートするとともに、地域ブランドとなる商品を開発することで、区内企業の持続・発展を促進し、区内産業の活性化を図ります。

これまで本区では、「としまビジネスサポートセンター」によるワンストップ経営相談や各種セミナー・勉強会を行い、あらゆる経営課題に直面している区内事業者へのサポートに注力してきました。

今回「にっぽんの宝物プロジェクト」スキームを活用した、「東京としまの宝物」セミナーは、区内に眠る地域資源(宝物)の発掘を目的に、国内外で指導経験多数の”羽根 拓也氏”の企画・監修・指導のもと、参加者同士の商品やサービスのコラボレーション等を通じた商品開発や販路開拓を支援します。なお、本スキームを活用したセミナーの開催は、都内23区の自治体としては初めての取り組みとなります。

またセミナーと並行して、講師の羽根氏自らが事業者を訪問し、実際に商品等を手に取りながら個別指導を実施いたします。

セミナー終了後は、2023年1月に開催される「にっぽんの宝物グランプリ オンライン大会」に出場することもでき、上位入賞者は全国大会、さらには世界大会まで進むチャンスがあります。

区の担当者は本事業にあたり、「豊島区の事業者・団体の皆さまは、コロナ禍で試行錯誤を重ねながら、日々戦っています。会社・団体としての成長をサポートするとともに、“豊島区ブランド”となる商品やサービスが1つでも多く生まれることを期待しています。」と語っています。

スケジュール (各回15時~18時)

  • 8月17日(水曜日) 
    第1回 「令和に売れる商品の作り方」
  • 9月2日(金曜日) 
    第2回 「最速で商品を作るコラボの技術」
  • 9月30日(金曜日) 
    特別会 「全国とつながる日!日本一登場!」
  • 10月11日(火曜日) 
    第3回 「ものを売らずにコトを売る技術」
  • 10月24日(月曜日) 
    第4回 「売れる伝え方と売れない伝え方」

年間スケジュール

年間スケジュール

公式ホームページ

https://www.undiscovered.jp/2022-2023-toshima

にっぽんの宝物プロジェクトとは

日本の地方には良いものがあります。しかしこれまでのやり方では売れず、人手不足、後継者不足、廃業に至るケースが増えており、業界存続の危機に「待ったなし」の状況が続いています。そこで2009年より、自治体、地元金融機関らと力をあわせ、商品の開発、販売支援を行う全国的なネットワークを構築。あえて異業種(1~3次産業)人材を集め、「アクティブラーニング」と「コラボレーション」をキーワードに、自社商品のブラッシュアップを実施(=複数回のセミナー)しています。その成果発表として、地方大会、全国大会、世界大会(シンガポール)でさらなる商品選抜を行い、2009年の開始以来、売上が100倍になった事業者などを輩出しています。

この報道発表に関するお問い合わせ

生活産業課 電話:03-4566-2742

更新日:2022年8月5日