マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】令和3年2月 > 高密都市「としま」が環境分野でSDGsをリード 豊島区は「ゼロカーボンシティ」を目指します!

ここから本文です。

高密都市「としま」が環境分野でSDGsをリード 豊島区は「ゼロカーボンシティ」を目指します!

令和3年2月18日

豊島区は、令和3年2月18日の第1回区議会定例会において、脱炭素社会の実現に向けて、2050年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」を目指すことを表明しました。

経緯

近年、酷暑や台風、集中豪雨などの異常気象による大規模な自然災害が頻発していることから、気候変動への対応が急務となっており、SDGsにおいても「13.気候変動に具体的な対策を」として達成すべき目標に掲げられています。

2015年に合意されたパリ協定では「世界の平均気温上昇を産業革命以前と比べて2度より低く保ち、1.5度に抑える努力をすること」が目標とされ、2018年に公表されたIPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)の特別報告書では、「気温上昇を2度よりリスクの低い1.5度に抑えるためには、2050年までにCO2の実質排出量をゼロにすることが必要」とされており、国内外で脱炭素社会の実現への動きが加速しています。

昨年7月にSDGs未来都市に選定された豊島区は率先してこの課題に対応すべく、ゼロカーボンシティを目指すこととし、環境政策をさらに加速させていきます。

今後の取組み 

  • 豊島区環境基本計画(2019-2030)(地球温暖化対策地方公共団体実行計画(区域施策編))に「実質ゼロ」を目指すことを位置付けます。
    計画については、豊島区環境審議会(会長:蟹江憲史のりちか 慶應義塾大学大学院教授)での議論を踏まえて、前倒しで改定します。
  • 「省エネルギー・再生可能エネルギーの利用促進」、「自然と都市の共生」、「プラスチックのリサイクル」の3点を基本方針とします。 
  • ゼロカーボンシティ宣言を契機に、区民や事業者等に、改めて地球温暖化防止に対するより一層の理解と協力を促し、脱炭素社会の実現に向けて「オールとしま」で取り組んでいきます。 

 

 

※ゼロカーボンシティとは…2050年に二酸化炭素排出量を実質ゼロにすることを目指す旨を首長自らが又は地方自治体として公表された地方自治体のこと。

 

環境省ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

この報道発表に関するお問い合わせ

  • 環境政策課 環境計画グループ 電話:03-3981-1597

 

 

 

 

お問い合わせ

更新日:2021年2月18日