マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 広報 > 報道発表 > 【報道発表】令和3年3月 > 【としまの子育ての現場から④】利用者、職員ともに安心して過ごせる施設を目指して 子ども関連施設等に勤務する職員のPCR検査を継続して実施します

ここから本文です。

【としまの子育ての現場から④】利用者、職員ともに安心して過ごせる施設を目指して子ども関連施設等に勤務する職員のPCR検査を継続して実施します

令和3年3月24日

豊島区は、令和2年10月30日から区内の子ども関連施設等で働く職員のPCR検査事業を開始しました。事業開始から現在までに、157件の検査を実施しています(令和3年3月23日現在)。

実際に令和2年度中に検査を実施した施設では、「自分がさらなる感染源になるのではないか、という不安を抱えながら勤務していたので検査を受けられてよかった。自己負担がないことで気軽に検査を受けられた。」という意見が寄せられています。

感染拡大を抑制し、施設従事者だけでなく、施設を利用される方々も安心して施設やサービスを利用できる体制を整えることを目的として、令和3年度も同事業を継続します。

主な目的

利用者と接する職員の感染をいち早く発見することで、未然にクラスターなどの感染拡大を抑制することを目的としています。それにより、施設従事者だけでなく、施設を利用される方々も安心して施設やサービスを利用できる体制を整えていきます。

対象となる施設・職員数(約200施設、約5,400名)

対象施設

子ども家庭部

教育部

区立・私立保育園等

区立小・中学校

私立幼稚園

区立幼稚園

中高生センタージャンプ

子どもスキップ(学童保育)

東・西部子ども家庭支援センター

教育センター

対象

原則、対象となる施設に従事し、周囲で感染が発生するなど感染の不安を抱いていて、次に該当する者のうち希望者(任意)。
※PCR検査の必要性について、対象者の状況や施設長の判断を踏まえたうえで、実施いたします。

  1. 職場の同僚、利用者(園児・児童・生徒)及び同居している家族に「陽性者」が発生した場合で、保健所の調査により濃厚接触者とならなかった職員
  2. 同居している家族に濃厚接触者が発生した職員

検査費用

区が負担

問い合わせ先

子ども家庭部対象施設について…子ども家庭部保育課 公立運営グループ 電話:03-3981-2028

教育部対象施設について(子どもスキップ除く)…教育部学務課 保健給食グループ 電話:03-3981-1176

子どもスキップについて…教育部放課後対策課 管理グループ 電話:03-4566-2786

お問い合わせ

更新日:2021年3月25日