ホーム > 区政情報 > 広報 > 区からのお知らせ > 元号の表記の取扱いについて

ここから本文です。

元号の表記の取扱いについて

平成31年4月1日に元号を改める政令が公布され、5月1日より元号が「令和」に改められました。

それに伴い、元号の表記等について以下のとおり取り扱うこととしましたので、お知らせします。

 

1)5月1日(改元日)以降でも「平成」と表記された申請書等は有効です。

改元日以降、豊島区に提出する申請等に「平成」の表記があっても、有効なものとして区は受付けます。

 

2)5月1日(改元日)以降に区が作成・発送する公文書の元号の表記について

豊島区が、改元日(5月1日)以降、区民の皆様等に対して作成・発送する公文書には、原則として新元号「令和」を使用いたします。

(4月30日までに作成・発送した公文書には、5月1日以降の日付であっても「平成」の元号を使用しています。)

 

3)豊島区から発送する公文書の元号使用の例外について

豊島区から区民の皆様等に対して発送する公文書の元号の使用は原則上記2のとおりですが、

電算処理システムの改修の状況等の理由で、改元後にも一部「平成」の元号を使用する場合があります。

この場合でも、当該公文書は有効なものとして取り扱われますので、令和と読み替えてください。

4)改元に伴う詐欺にご注意ください。

改元に伴い、様々な手口で金品の詐欺を行う事件が発生しておりますので、十分にご注意ください。

 


お問い合わせ

更新日:2019年5月7日