マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 区政情報 > 入札・契約 > 入札関連情報 > 入札・契約等に関するお知らせ > 「平成28年2月から適用する公共工事設計労務単価」の早期適用

ここから本文です。

「平成28年2月から適用する公共工事設計労務単価」の早期適用

 豊島区では、国からの要請を踏まえ、今後公表する工事案件については、原則、新労務単価を反映させて予定価格を設定します。
現在公表中または今後公表予定の工事案件で、旧労務単価を用いて予定価格を設定しているものについては、予定価格は修正せずに入札を行い、契約締結後、受注者からの請求に基づき「特例措置」により対応します。
そのため、新旧いずれの労務単価により予定価格を設定したかについて、当面案件公表時にお知らせします。案件公表時にお知らせできなかったものについては、「質疑応答」等の際に、この旨をお知らせします。

「特例措置」の対象となる工事、内容等については、「「平成28年2月から適用する公共工事設計労務単価」の運用に係る特例措置について」をご参照ください。
また、平成28年1月31日以前に契約を締結している一定の工事案件については、「賃金等の変動に対する工事請負契約約款第24条第6項(インフレスライド条項)の運用について(暫定版)」により対応します。

関連情報

お問い合わせ

更新日:2019年2月28日