ホーム > 防災・安全 > 防災・災害対策 > 防災情報 > 避難情報の見直しについて

ここから本文です。

避難情報の見直しについて

令和3年5月20日から災害対策基本法の一部を改正する法律が公布され、避難情報がよりわかりやすくなりました。

警戒レベル4「避難勧告」が廃止され、「避難指示」に一本化されました

これまでは大雨や台風等におり災害発生のおそれが高い警戒レベル4の状況になると、「避難指示(緊急)」と「避難勧告」が発令されていました。

「避難勧告」は、被害が懸念される地域の住民に対して、避難を促すために発令され、「避難指示」はいつ被害が起こるか分からない、もしくはすでに発災している状況下で発令されていました。

しかし、「避難勧告」と「避難指示」の違いや避難すべきタイミングがわかりにくいことから、今回の法改正により、「避難勧告」は廃止され、「避難指示」に一本化されることになりました。そのため、今後「避難勧告」は発令されません。「避難指示」の発令とともに全員危険な場所から避難してください。

新たな避難情報表新たな避難情報裏

新たな避難情報(ポスター)(PDF:577KB)

警戒レベル3「高齢者等避難」に名称が変わりました

これまでは「避難準備・高齢者等避難開始」という名称でしたが、「高齢者等避難」に名称が変わります。

この避難情報は高齢者に対してのみの情報ではありません。障害のあるかたや乳幼児がいるご家庭のかたなど避難に時間を要するかたは、「高齢者等避難」の発令とともに危険な場所から避難してください。また、高齢者等以外のかたも避難に向けて準備したり、状況に応じて自主的な避難を検討・実施してください。

避難指示までに危険な場所から避難しましょう

警戒レベル5「緊急安全確保」が発令されると、すでに災害が発生している可能性が高く、安全な避難ができない状況です。必ず警戒レベル4「避難指示」までに避難を完了してください。日頃から防災地図やハザードマップを確認し、自分の住んでいる地域が安全なのか、どのような災害危険があるのか把握しておきましょう。

 

お問い合わせ

更新日:2021年6月3日