ホーム > 防災・安全 > 防災・災害対策 > 平成29年7月九州北部豪雨に伴う被災地救援等のために使用する車両の取り扱いについて

ここから本文です。

平成29年7月九州北部豪雨に伴う被災地救援等のために使用する車両の取り扱いについて

平成29年7月、九州地方北部を襲った豪雨災害に際し、被災地支援等を目的とする車両に対して「災害派遣等従事車両証明書」を交付します。
高速道路等有料道路の料金所を通る際に、本証明書を料金所係員にご提出いただくことによって、有料道路の通行料金について無料措置が講じられます。
詳細については、福岡県ホームページ(新しいウィンドウで開きます)大分県ホームページ(新しいウィンドウで開きます)をご覧ください。

期間

平成29年12月31日(日曜)まで

対象車両

災害救助を行うボランティア活動に関する車両であって、被災した福岡県内・大分県内の自治体等が要請・受入承諾したもの。

対象道路

以下の道路管理会社・地方道路公社が管理する道路

高速道路株式会社

  • 東日本高速道路株式会社
  • 首都高速道路株式会社
  • 中日本高速道路株式会社
  • 阪神高速道路株式会社
  • 西日本高速道路株式会社
  • 本州四国連絡高速道路株式会社

地方道路公社

青森県道路公社/宮城県道路公社/福島県道路公社/茨城県道路公社/栃木県道路公社/埼玉県道路公社/千葉県道路公社/神奈川県道路公社/長野県道路公社/山梨県地域整備公社/静岡県道路公社/愛知県道路公社/富山県道路公社/福井県道路公社/滋賀県道路公社/京都府道路公社/大阪府道路公社/兵庫県道路公社/奈良県道路公社/広島県道路公社/福岡県道路公社/佐賀県道路公社/長崎県道路公社/熊本県道路公社/宮崎県道路公社/鹿児島県道路公社/名古屋高速道路公社/広島高速道路公社/福岡北九州高速道路公社/神戸市道路公社/北九州市道路公社

使用方法

  • 災害派遣等従事車両証明書は、車両1台につき精算する料金所ごとに1枚提出が必要になります。
  • 出入口とも一般の料金所を利用し、入口では通行券を受け取り、出口では「災害派遣等従事車両証明書」と通行券を提出してください。(ETCレーン及びスマートICの利用はできません。)
  • 入口が料金所となる首都高速道路では、入口料金所で証明書を係員に提出してください。

証明書発行手続き(災害ボランティア)

  1. 福岡県内・大分県内の被災地域において、社会福祉協議会等のボランティア受け入れを行っている団体へ「災害派遣等従事車両証明書に係る災害ボランティア証明書」を提出し、受理結果を受け取ってください。
  2. 受理結果が記された「災害派遣等従事車両証明書に係る災害ボランティア証明書」を添付して、「災害派遣等従事車両証明の申請書」を豊島区防災危機管理課へ提出し、「災害派遣等従事車両証明書」を必要枚数受け取ってください。

証明書の申請手続きの流れ

様式

豊島区の申請窓口

防災危機管理課(豊島区役所本庁舎5階)
※受付時間は、土曜日、日曜日、祝日及び年末年始等を除く午前8時30分から午後5時15分までです。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2017年9月27日