ホーム > イベントカレンダー > 多文化共生の視点から考える豊島区の防災まちづくり

ここから本文です。

多文化共生の視点から考える豊島区の防災まちづくり

災害時に外国ルーツの方に、どのように情報や支援を提供し、ともにどのようにコミュニティを創るかを考える講演会です。
ネパールの方の状況や日本での生活について、また、子ども食堂の支援の現場について、災害時の外国の方の困難、被災地での外国人支援の例に関する講演や、グループワーク等をしながら学びます。

実施日

2019年10月24日(木曜日)

実施時間

午後2時から4時

場所

男女平等推進センター(エポック10)研修室2
西池袋2-37-4としま産業振興プラザ(IKE・Biz3階)

交通アクセス

池袋駅西口(徒歩約7分)または、
メトロポリタン口(徒歩約6分)へ

駅を背に、ななめ左方向にあるメトロポリタンホテル
の横を歩き、ホテルの反対側へ。

池袋防災館や池袋消防署が見えます。
消防署の隣の建物がとしま産業振興プラザ(IKE・Biz)です。
3階の研修室2へお越し下さい。

内容

プログラム
1.ネパールの方の背景、日本での生活について。
2.学習支援等の現場について。
3.災害時の外国人の方の困難とは何か。被災地での外国人支援の例について。

講師

1.田中雅子(たなかまさこ)さん(上智大学総合グローバル学部教授)
2.益子亜明(ましこあみん)さん(池袋WAKUWAKU勉強会スタッフ)
3.浅野幸子(あさのさちこ)さん(減災と男女共同参画研修推進センター共同代表・としま防災女子ネットワーク)

定員

40名

費用

参加費500円

主催・後援

主催:NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク
共催:としま防災女子ネットワーク、多文化としまネットワーク、住友ゴム工業株式会社

申込み方法

電話・ファクス・Eメールにてお名前、ご連絡先電話番号、お住まい(豊島区内・区外)、講座をお知りになったきっかけ、保育の有無(必要な方はお子様のお名前と年齢)をご明記の上、お申込ください。
保育は6か月以上未就学児が対象です。(要予約・先着順・定員あり)

申込み先名

男女平等推進センター(エポック10)

申込み先電話番号

03-5952-9501

申込み先ファクス

03-5391-1015

申込み先Eメール

A0029117@city.toshima.lg.jp

締切条件

保育は10月16日水曜日までにお申込ください。

更新日:2019年9月21日