ホーム > まちづくり・環境・産業 > 土地・開発 > 長崎中学校跡地の整備

ここから本文です。

長崎中学校跡地の整備

整備内容

長崎中学校跡地には、防災とスポーツの機能を備えた南長崎中央公園(愛称:南長崎スポーツ公園)を整備しました。

公園内には、プール、体育館、トレーニングルーム、フィットネススタジオなどの屋内スポーツ施設(南長崎スポーツセンター)、駐輪場、多目的広場や緑地などの屋外施設を整備しました。

年度別計画

平成18年度

豊島区基本計画策定(長崎中学校跡地を西部スポーツセンター等として整備)

19年度

整備基本構想「中間のまとめ」公表

20年度

整備基本構想(案)公表、パブリックコメント実施、整備基本構想策定

屋内施設基本設計(21年度まで)

21年度

屋内施設実施設計、屋外施設基本設計

設計検討会議(近隣町会、関係団体、公募区民等で構成)

22年度

旧校舎等解体工事(23年度まで)、屋内施設建設工事(24年度まで)

意見交換会(近隣町会、関係団体、公募区民等で構成)

24年度

屋内施設竣工・一部開設(地下駐輪場)

屋外施設整備工事(25年度まで)

25年度

屋内施設開設(屋内スポーツ施設)

屋外施設開設(公園全体の開設)

26年度 通り抜け園路開設

整備手法

本公園の整備事業は、区が独立行政法人都市再生機構(UR)と協定を結び、同法人に設計・施工を委託しました。そのため、個々の工事の発注はURから行いました。

落合南長崎駅前(南長崎4丁目)区有地活用事業

長崎中学校跡地の一部(目白通り側の900平方メートル)は、周辺地域の公共施設に関する行政需要などを踏まえながら、今後の活用方法について検討しています。

関係資料

整備基本構想関係

本計画の名称は、当初、豊島区基本計画における名称である「(仮称)西部スポーツセンター」を使用していましたが、施設全体を公園として整備するため、整備基本構想策定の際に、構想名を「西部地域におけるスポーツ・防災の機能を備えた公園の整備基本構想」とし、施設名称を「南長崎中央公園」としました。

南長崎中央公園(仮称)設計検討会議関係

公園施設の設計にあたり、区民の方々にとって利便性の高い公園を実現するため、学識経験者、近隣町会、関係団体、公募区民の方々などから構成される設計検討会議を設置しました。

平成21年5月から平成22年3月までの間に計7回の検討会議を開催し、区長への報告を行いました。

南長崎中央公園(仮称)設計検討会議報告書

魅力ある南長崎中央公園づくりのための意見交換会

公園オープン後の運営管理やパークマネジメントのあり方などについて、区民の皆さまからご意見をいただき、公園管理の方針を定めていくことで、地域にとって魅力と利用価値の高い公園づくりを行うため、意見交換会を設置いたしました。

平成23年9月から平成24年2月までの間に計4回の意見交換会を開催し、区長への報告を行いました。

魅力ある南長崎中央公園づくりのための意見交換会報告書

区民説明会関係

関連情報

お問い合わせ

政策経営部施設計画担当課長

更新日:2018年9月13日