ホーム > 手続き・届出 > 年金・保険 > マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

ここから本文です。

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

マイナンバーカードの健康保険証利用の開始時期(令和3年3月)が延期となりました。(最新情報につきましては厚生労働省・マイナポータルのホームページをご確認ください。)

令和3年3月(延期中)から、医療機関や薬局の窓口においてオンラインでの資格確認が開始されることに伴い、事前の登録(初回登録)を行えば、従来の保険証とは別に、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。

オンラインでの資格確認とは

医療機関や薬局などの窓口で、マイナンバーカードを顔認証付きのカードリーダーにかざすことで本人確認及び資格確認を行います。

利用開始時期

令和3年3月より一部の医療機関や薬局で利用可能となる予定です。(延期中)

令和5年3月末までにはおおむねすべての医療機関や薬局で利用可能となる予定です。

注1:医療機関や薬局では、令和2年度から順次、必要な機器が導入されます。このため、カードリーダーが導入されていない医療機関・薬局では、これまでどおり保険証が必要となります。

マイナンバーカードを保険証として利用できる(オンライン資格確認を導入している)医療機関・薬局は、厚生労働省・社会保険診療報酬支払基金のホームページに一覧が掲載される予定です。また、医療機関・薬局においても、マイナンバーカードが保険証として使えることがわかるよう、ポスター等を院内等に掲示する予定とされています。

 

注2:マイナンバーカードを保険証として利用できるように登録した場合でも、現在の保険証は従来どおり使用できます。また、マイナンバーカードがなくても、これまでと同じように保険証を提示すれば医療機関を受診することができます。


お問い合わせ

更新日:2021年4月12日