マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ここから本文です。

引越のルールが変わりました

《事例》

インターネットで見つけた引越業者に引越を頼んだ。引越が近づき、「見積書の内容に変更がないか」と引越業者から確認の電話を受けた後、もっと安く引越できる業者を見つけ、解約を申し出たら解約料を請求された。

《解説》

引越業者は「標準引越運送約款」に基づき、引越を行ないます。2018年6月1日、標準引越運送約款が改正されました。

改正1標準引越運送約款の適用範囲を拡大

従来、標準引越運送約款は車両を貸し切って行なう引越に適用されましたが、改正後は積み合わせ運送による引越(車両一台で複数の利用者の引越を行なう場合)についても適用されます(コンテナなど、定型の容器を用いて定額で行なう運送のように一部、約款が適用されない場合もあります)。

改正2引越業者から引越3日前までに、見積書の内容に変更がないか確認の連絡がある

引越業者からの連絡は従来、引越2日前まででしたが、改正後は3日前までとなりました。

改正3解約・延期手数料は引越前々日から発生

従来は引越前々日の解約・延期手数料は不要でしたが、改正後は前々日から運賃及び料金(荷役作業員代)の20%(前日は30%、当日は50%)以内の手数料が発生します。

 

《アドバイス》

1インターネットや電話の見積りだけでなく、対面して念入りに打ち合わせをしましょう。

2引越料金は業者によって異なります。複数の業者から見積りを取って、サービスの内容も比較しましょう。

3約款は見積り時に提示されることになっています。見積書と約款は必ず読みましょう。

お問い合わせ

更新日:2019年2月1日