マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 暮らし・地域 > 消費生活 > 消費生活センター > 消費者のポケット > 医療機関のウェブサイトに広告規制!

ここから本文です。

医療機関のウェブサイトに広告規制!

2018年6月1日から改正医療法が施行されて医療機関のウェブサイト、メルマガ等にも広告規制が課され、詳細説明のないビフォーアフター写真や、治療効果に関する体験談の掲載が禁止されました。

《事例1》

インターネットで「脂肪溶解注射1か月打ち放題3万5千円」との広告を見つけた。他のクリニックでは1本1万円なので激安だが信頼できるか。

《事例2》

クリニックのウェブサイトに「1本1~2万円!痩せられる注射で、細い人ももっと痩せた」とビフォーアフター写真が掲載されていた。お腹と二の腕が気になっていたので電話で予約を取って出向いた。医師と看護師のカウンセリングを受けたところ、注射を4回に分けて打つことが必要で、240万円と言われた。

 

解説

医療広告ガイドラインでは費用を強調した広告は禁止されています。「今なら〇円キャンペーン実施中」「○○治療し放題」等は掲載できません。

患者等を誤認させる恐れがあるビフォーアフター写真を広告に掲載することは禁止されました。ただし、治療内容、費用、主なリスクや副作用に関する詳細な説明を、分かりやすく付けたビフォーアフター写真は掲載できます。

ここに気をつけましょう!

1.問題のある広告を掲載しているクリニックとは契約しないようにしましょう。

2.広告と異なる契約は、その場でしないようにしましょう。

3.困ったときには、すぐに消費生活センターに相談してください。

 

お問い合わせ

更新日:2018年8月1日