ホーム > 文化・観光・スポーツ > 文化 > 文化事業 > 「としま文化の日条例」を制定しました

ここから本文です。

「としま文化の日条例」を制定しました

豊島区では、平成14年の区制施行70周年以降、一貫して「文化によるまちづくり」に取り組んできました。令和元年には、国家的文化プロジェクト「東アジア文化都市2019豊島」や新たな文化拠点「Hareza池袋」を整備するなど、「としま新時代」につながる扉が開きました。

このような文化によるまちづくりを次世代に継承するため、11月1日を「としま文化の日」とする条例を制定しました。「としま文化の日」をきっかけとして、「国際アート・カルチャー都市」の実現に向けて、SDGsの理念を踏まえつつ、地域一体となって取り組んでまいります。

「としま文化の日」とは

これまで区が進めてきた「文化によるまちづくり」を次世代に継承するため、国際アート・カルチャー都市のシンボル「Hareza池袋」のオープン日を記念し、11月1日を「としま文化の日」と制定しました。

条例の内容

 としま文化の日ロゴ

CultureDay_Logo-E_typeA

 

  • 豊島区PRキャラクターの「としまななまる」・「そめふくちゃん」、 IKE BUS マスコットの「イケちゃん」が隠れています。
  • としま文化の日ロゴは、11月1日の「としま文化の日」をPRする目的で使用することができます。
  • 使用にあたっては、事前に文化デザイン課への協議が必要です。
  • としま文化の日ロゴの権利は、豊島区に帰属します。

 

 

 

 

更新日:2020年10月27日