ホーム > イベントカレンダー > 【平成30年度第3回収蔵資料展】「書く」ということ

ここから本文です。

【平成30年度第3回収蔵資料展】「書く」ということ

郷土資料館では2月22日(金曜日)から5月12日(日曜日)まで、2018年度第3回収蔵資料展『「書く」ということ』を開催しています。

※展示みどころ解説を、4月27日(土曜日)午後2時から行います。
※収蔵資料展会期中に関連事業として、3月10日(日曜日)と3月16日(土曜日)に関連講座を、3月30日(土曜日)にはワークショップを開催いたします。詳細はチラシ裏面や下記のリンク先等をご確認ください。

展示風景

展示風景2

実施日

2019年2月22日(金曜日)から5月12日(日曜日)まで
休館日:毎週月曜日、第3日曜日、祝日

実施時間

午前9時~午後4時30分

場所

豊島区立郷土資料館(西池袋2-37-4・としま産業振興プラザ7階)

交通アクセス

JR地下鉄私鉄各線「池袋」駅西口から徒歩7分

内容

郷土資料館では2月22日から5月12日まで、平成30年度第3回収蔵資料展【「書く」ということ】を開催しています。“書く”という動作に着目し、書くための道具・知識に関する資料から、掛軸・扁額などの初公開となる資料も多く展示し、郷土資料の多様性・魅力をご紹介します。

費用

無料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2019年3月12日