ホーム > イベントカレンダー > 【2020年度大規模修繕パネル展示関連イベント】見学会

ここから本文です。

【2020年度大規模修繕パネル展示関連イベント】見学会

豊島区立雑司が谷旧宣教師館(旧マッケーレブ邸)は、アメリカ人宣教師・J.M.マッケーレブの私邸として1907(明治40)年に建てられた豊島区内最古の木造洋風建築です。1999(平成11)年には東京都指定有形文化財(建造物)となり、以後は保存のために定期的に外壁塗装や屋根の修理工事などを行っています。
2020(令和2)年11月から2021(令和3)年3月まで行われた大規模修繕においては、開館から30年以上が経過していることもあり、建物内部の小破箇所の修繕なども行いました。これに関するパネル展示を11月1日(月曜日)から開始しています。

このパネル展示の開催に合わせて、12月5日(日曜日)に見学会を開催します。事前応募制ですので、下記「申込み方法」をご参照の上、ふるってご応募ください。

実施日

令和3年12月5日(日曜日)

実施時間

午後1時30分~3時45分の間で2回、同内容で実施。

※感染症拡大防止のため、少人数で開催します。ご参加いただける時間につきましては、返送はがきでお知らせいたします。

場所

雑司が谷旧宣教師館

交通アクセス

地下鉄有楽町線、東池袋駅下車、徒歩10分
地下鉄有楽町線、護国寺駅下車、徒歩10分
地下鉄副都心線、雑司が谷駅下車、徒歩10分
都電荒川線、雑司ヶ谷駅下車、徒歩7分
都電荒川線、鬼子母神前駅下車、徒歩10分
都営バス、雑司ヶ谷霊園入口下車、徒歩7分

内容

2020年度大規模修繕に関する見学会。

講師

伊藤暢直氏(豊島区教育委員会庶務課文化財グループ)

定員

各回10名以内

費用

無料

主催・後援

雑司が谷旧宣教師館

申込み方法

往復はがきにて申し込みをしてください。
往信のうらに、「見学会参加希望」、ご自身の住所、名前、年齢、電話番号をご記入の上、下記の申込み先へ郵送してください。
11月19日(金曜日)必着です。
・ご応募の際は、1人1通でお申し込みください。お連れ様がいらっしゃる場合も、1人1通ずつのお申込みでお願いいたします。
・参加者多数の場合は抽選となります。

申込み先名

〒171-0032
東京都豊島区雑司が谷1-25-5
豊島区立雑司が谷旧宣教師館

更新日:2021年11月11日