ホーム > イベントカレンダー > 古典文学講座「源氏物語と仏教~作中にみる思想・信仰の諸相を読む~」(後期・全4回)【中央図書館】

ここから本文です。

古典文学講座「源氏物語と仏教~作中にみる思想・信仰の諸相を読む~」(後期・全4回)【中央図書館】

【往復ハガキ申込受付期間】9月21日(火曜日)から9月30日(木曜日)まで※必着

gazouoba

大正大学名誉教授大場朗(おおばあきら)氏

実施日

令和3年10月21日、11月18日、令和4年1月20日、2月17日(全て木曜日)

※新型コロナウイルスの影響により実施日変更・中止になる場合があります。

実施時間

午前10時から正午

場所

東池袋第四区民集会室(東池袋4-32-15)

交通アクセス

東京メトロ有楽町線「東池袋駅」6・7番出口より徒歩5分
JR「池袋駅」東口より徒歩20分
都電荒川線「東池袋四丁目」より徒歩3分

内容

海外で「世界文学の奇跡」と言われている『源氏物語』54帖の中から、仏教の思想・信仰に関わる場面を取り上げ味読します。『源氏物語』には数々の名場面があり、読者を感動へと導いてくれますが、そのような場面には、必ずといっていいほど仏教の思想や信仰が深く関わり、作品に奥行きをもたらし、豊かなものにしています。名場面の核心を共に鑑賞しましょう。

【講座テーマ】
第一回平安仏教の思想と信仰
第二回末摘花と普賢菩薩(末摘花巻)
第三回光源氏の普賢信仰(葵巻)
第四回浮舟の出家(夢浮橋巻)

講師

大場朗(おおばあきら)氏
【講師プロフィール】
昭和28年山形県生まれ。大正大学名誉教授、日本文学科非常勤講師。博士(文学)、専門分野は中古・中世文学と仏教思想の関係。特に源氏物語・宝物集・西行などを研究している。大正大学オープンカレッジ、朝日カルチャーセンター横浜、茨城県弘道館アカデミー県民大学などの講師をつとめる。

対象

豊島区立図書館の利用カードの登録がある方
※区内在住でない方でもご登録いただけます。詳細は、豊島区立図書館ホームページ等をご参照ください。

定員

20名※抽選制(過去に一度も受講していない方を優先して抽選)
前期の講座を受講された方はご遠慮ください。
事前申込みなしの当日参加者はお断りいたします。

費用

無料

申込み方法

往復ハガキ
氏名・ふりがな・図書館利用カードの番号(10桁の数字)・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス・本講座を知ったきっかけ、をご記入の上、「豊島区立中央図書館サービスグループ」宛てに往復ハガキにてお申込みください。
【申込受付期間】9月21日(火曜日)から9月30日(木曜日)まで※必着

※全4回の講座を前期と後期の2期実施いたしております。内容はいずれも同じになります。一人でも多くの方にご受講いただくため、前期をご受講された方は後期はお申込みいただけません。

申込み先名

豊島区立中央図書館サービスグループ
(〒170-8442豊島区東池袋4-5-2ライズアリーナビル5階

申込み先電話番号

お問い合わせのみ対応します。申込みは、往復ハガキでお願いします。
お問い合わせ先
豊島区立中央図書館サービスグループ
03-3983-7861

お問い合わせ

更新日:2021年9月21日