ホーム > 暮らし・地域 > ごみ・リサイクル > 10月は3R推進月間・食品ロス削減推進月間です

ここから本文です。

10月は3R推進月間・食品ロス削減推進月間です

3R(スリーアール)推進月間

R02_poster

循環型社会を実現するためには何よりも私たち一人ひとりがごみを出さないように取り組むこと(Reduce:リデュース)。

それでも不用なものが出てしまうときは、ごみとして捨ててしまう前に、もう一度繰り返し使えるかどうか考え、再使用する(Reuse:リユース)。

そして、どうしても再利用できない場合は、きちんと分別して再び資源として利用できるようにする(Recycle:リサイクル)ことが必要です。

この3つの行動が、ごみ減量につながり、循環型社会への一歩となります。 

詳細は下記リンク先よりご覧ください。

3R(スリーアール)の推進

食品ロス削減推進月間

foodloss1

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまった食品のことです。

日本の食品ロスの約半分が家庭で発生していると言われています。

家庭から出る食品ロスを削減できれば、

食べ物の廃棄量を減らすという環境面だけではなく

家計面にとってもメリットがあります。

「食べること」や「捨てないで使い切ること」を一緒に考えてみませんか。

詳しくは下記リンク先よりご覧ください。 

豊島区の食品ロス削減の取り組み

 

更新日:2020年9月29日