ホーム > 暮らし・地域 > ごみ・リサイクル > 食品ロス削減対策について > 食べきり協力店を募集しています

ここから本文です。

食べきり協力店を募集しています

食べきり協力店とは

loss7

 

 

食べ残しや調理段階での仕込みすぎ等、まだ食べられるのに捨てられてしまうものを「食品ロス」と呼んでいます。

 

すべての方が最後までおいしく食べきり、生ごみの減量、食品ロスの削減を実現するためには飲食店、宿泊施設等のみなさまのご理解とご協力が必要不可欠です。

ぜひ「豊島区食べきり協力店」として登録いただき、下記の取り組み項目の実践をお願いします。

 

登録の要件

下記の取り組みのうち、1つ以上の実践で登録できます。

1.  小盛メニュー等の導入

 例)ご飯や料理の量の調整、小盛メニューやハーフサイズメニュー等の設定

2.  食べ残しを減らすための呼びかけ

 例)注文時に適量メニューの案内、苦手食材の取り換えの案内、宴会での食べきり(30・10運動)の案内

3.  ポスター等の掲示による、食べ残し削減に向けた周知活動の実施

 例)ステッカー・ポスター・ポップの設置、メニューに食べ残し削減推奨を記載

4.  食品廃棄物のリサイクル

 例)仕込みすぎや食べ残し食品の飼料化・堆肥化等

5.  その他の取り組み

 例)料理を食べきった際に、顧客への割引やクーポン券の発行

登録のメリット

  • 食べ残しが減ることで、生ごみが削減できます。
  • 環境にやさしいお店、さまざまな方に配慮したお店としてお客様のイメージアップにつながります 。
  • 区のホームページに掲載してお店の取り組みなどの情報をPRします。

申請方法

申請書を豊島区環境清掃部ごみ減量推進課へ郵送、FAX、電子メールで申請または持参のいずれかの方法で提出してください。

ステッカー、ポスター、POPを配布します。

豊島区食べきり協力店登録申請書(PDF:531KB)

「豊島区食べきり協力店登録申請書」(ワード:19KB)

協力店の一覧

 

「豊島区食べきり協力店」登録店舗一覧(PDF:1,096KB)

「小盛りメニューのご紹介」(PDF:2,377KB)

外食時の食べ残しを持ち帰る際の注意事項

 持ち帰りは、「自己責任」の範囲で

平成29年5月16日に消費者庁、農林水産省、環境省、厚生労働省の連盟で『飲食店における「食べ残し」対策に取り組むに当たっての留意事項』が公表されました。食べ残し料理を持ち帰る場合は、食中毒リスクを十分に理解した上で、自己責任の範囲で行うようにしましょう。

 

消費者の方へ

・食べきれる量で十分に加熱された食品を持ち帰りましょう。また、帰宅後に再加熱が可能なものにしましょう。

・自ら料理を詰める場合は、手を清潔に洗ってから、清潔な容器や箸などを使用しましょう。

・水気はできるだけ切り、早く冷えるように浅い容器に小分けしましょう。

・料理はあたたかい場所に置かないようにしましょう。

・時間が経過すると食中毒のリスクが高まるので、帰宅までに時間がかかる場合は、持ち帰りはやめましょう。

・持ち帰った料理は、帰宅後できるだけ速やかに食べるようにしましょう。

・中心部まで十分に再加熱してから食べましょう。

・見た目やにおいが、少しでも怪しいと思ったら、口に入れるのはやめましょう。

 

飲食店の方へ

無理のない可能な範囲で

・持ち帰りを希望される方には、食中毒のリスクや取扱方法等、衛生上の注意事項を十分に説明しましょう。

・持ち帰りには十分に加熱された食品を提供し、生ものや半生など過熱が不十分な料理は、希望者からの要望があっても応じないようにしましょう。

・清潔な容器や箸などを使って入れましょう。水気はできるだけ切り、早く冷えるように浅い容器に小分けしましょう。

・夏の季節など外気温が高いときは、持ち帰りを休止するか、保冷剤を提供しましょう。

・その他、料理の取扱いについて、注意書きを添えるなど、食中毒等の予防をするための工夫をしましょう。

 

〇出典:消費者庁・農林水産省・環境省

外食時のおいしく「食べきり」ガイド(PDF:2,584KB)

 

問い合わせ先

 豊島区役所環境清掃部ごみ減量推進課計画調整グループ

 〒170-0011東京都豊島区池袋本町1-7-3豊島清掃事務所2階

 TEL 03-3981-1320  FAX 03-3987-8449

 Eメール A0014801@city.toshima.lg.jp


 関連情報

 フードロスをなくそう!女子栄養大学松柏軒が「食べきり協力店第1号」に登録

お問い合わせ

更新日:2022年4月11日