マイページ

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページ一覧と使い方

ホーム > 暮らし・地域 > ごみ・リサイクル > 食品ロス削減対策について

ここから本文です。

食品ロスとは

ろすのん

 食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまった食品のことです。

 日本の食品ロスの約半分が家庭で発生していると言われています。家庭から出る食品ロスを削減できれば、

 食べ物の廃棄量を減らすという環境面だけでなく、家計面にとってもメリットがあります。

 「食べること」や「捨てないで使い切ること」を一緒に考えてみませんか。

食品ロスの概要

食品ロスってなに?

 食品ロスに関する概要を紹介しています。

SDGs(持続可能な開発目標)と食品ロス

 sdgslogo

  食品ロス削減は、SDGsの重要な柱です。SDGsとは、世界を持続可能なものと

 するために2015年9月の国連サミットで採択された17の国際目標です。

 その12番目の目標「つくる責任つかう責任」の中に、食品ロス削減に関わる次のような

 目標があります。 

 「2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を

 半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食料の損失を減少させる。」 

  また、食品ロスは、目標12以外にも、目標2「飢餓をゼロに」、目標13「気候変動に

 具体的な対策を」、目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」など複数の目標に

 関わる重要な課題です。

 

  令和2年度に「SDGs未来都市」「自治体SDGsモデル事業」にダブル選定された豊島区では、区民や大学、NPOなど多様な主体と連携し、

 食品ロスの削減に取り組んでまいります。

※SDGs未来都市とは

  SDGsの理念に沿った取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に、経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な

 開発を表現するポテンシャルが高い都市・地域を選定するもの。

フードシェアリングサービス「TABETE」を活用しよう!

 photosession

フードシェアリングサービスとは

 まだ、おいしく安全に食べられるのに、店頭では売り切るのが難しい食事をお得に「購入(レスキュー)」できるサービスです。

 飲食店等から出る廃棄直前の食品と消費者をマッチングすることによって食品の廃棄を減らすことができます。

 豊島区ではフードシェアリングサービス「TABETE(※1)」を運営する株式会社コークッキングと「豊島区における食品ロス削減に向けた連携協定」を令和3年3月29日に締結しました。

  

家庭から出る「食品ロスをなくそう!」

 食品ロス削減啓発用冊子をリニューアルしました。

 loss4

 食品ロス削減対策豆知識

 気をつけているつもりなのに、冷蔵庫には食材が余ってしまう、余分に食材を買ってしまった・・・なんてことありませんか?

 この冊子では、家庭から発生する食材ロスを減らすヒントをご紹介します。

 「食品ロスをなくそう!」(PDF:1,396KB)

 

 

 

フードドライブ

帝京平成大学で集まった食品2 フードドライブについて

  家庭で余った食品を必要な方に届けるフードドライブについてのページです。

 

 

 

食べきり協力店

oudaijikidou20

 豊島区食べきり協力店を募集しています

  レストラン、飲食店で発生する食品ロスの削減のため、食べきり協力店を募集しています。

 

  食べきり協力店の取組みの様子を紹介します

 

 

 

 

食品ロス削減対策レシピ

女子栄養大学考案!食品ロス削減対策レシピ

 食材を使い切るだけではなく、簡単につくれるレシピを紹介します。  


問い合わせ

ごみ減量推進課計画調整グループ 03-3981-1320

更新日:2021年3月29日