ここから本文です。

認知症支援

認知症は、誰でもかかる可能性のある脳の病気です。認知症の予防や介護サービス、地域の支援サービスなどがありますのでご利用ください。

認知症の正しい知識をもつことは大切です

 

広報記事用

認知症ケアパス

豊島区版認知症ケアパス「認知症とともに生きる、早めの気づきと安心生活の手引き」を作成しました。

ケアパスとは、認知症の早い時期から認知症の進行による症状や生活の変化に合わせたサービス(住まい・生活・介護・医療・予防など)をわかりやすくまとめたものです。

高齢者総合相談センターで配布しています。

認知症ケアパス1(PDF:5,097KB)

認知症ケアパス2(PDF:7,909KB)

介護予防

生活習慣病の予防や治療をしたり、運動の習慣化・脳の活性化・食生活の見直しなどにより、ある程度、認知症を予防したり、認知症になるリスクを減らしたりできることがわかってきています。

豊島区では、65歳以上のかたを対象に、認知症予防プログラム事業を行っています。

介護予防プログラム

介護保険サービス

介護保険利用のための申請をして要介護認定を受けると、様々な介護サービスを利用できるようになります。

また、介護についていろいろな職種の専門家の援助や助言を受ける事ができます。

介護保険で受けられるサービス

 

認知症講座~がんばらない介護~

認知症になっても住み慣れた地域で生活していく時代になります。認知症の人と認知症を介護する人、お互いが心地よく過ごせる関係を築くためにはどうすればよいのでしょうか。心地よい介護とは何かを考えてみましょう。

日時

平成31年2月6日(水曜日)午前10時~12時

会場

上池袋コミュニティセンター(上池袋2-5-1健康プラザとしま7階)

講師

医療法人社団宏明会池袋大久保医院

院長山根明子氏

対象

豊島区在住・在勤・在学の方

定員

先着60名

問い合わせ・お申し込み

保健福祉部高齢者福祉課介護予防・認知症対策グループ

電話:4566-2433

FAX:3980-5040

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

更新日:2018年11月27日