ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 認知症・介護者の支援 > シニアのためのコグニサイズ

ここから本文です。

シニアのためのコグニサイズ

コグニサイズとは

頭を使う:認知課題「コグニション」(計算、しりとりなど認知機能を向上させるもの)と、体を使う:運動課題「エクササイズ」(歩く、足踏みなど全身の運動ができるもの)を同時に行う、頭を使いながらの運動です。頭と運動の両方を同時に使う複合運動は脳の活動を活発にさせます。

これは国立長寿医療研究センターが開発した運動(エクササイズ)と認知課題(コグニション)を組み合わせた認知症予防を目的とした取り組みの総称を表した造語です。

同時に2つのことを行うのはなかなか難しいですが、でも失敗しても間違っても全く問題ありません!脳が適度に混乱することが活性化に繋がるのです。

物忘れ予防に効果的です。

講座日程(全8回)

  • 9月3日~10月29日(火曜日)午後1時~2時30分(※終了いたしました。)
  • 東池袋フレイル対策センター(東池袋2-38-10☎5924-6212)

 

  • 12月20日~2月14日(金曜日)午前10時45分~12時15分
  • 高田介護予防センター(高田3-38-7☎3590-8116)

 

講師

板橋雅子(いたばしまさこ)

長谷工シニアホールディングス介護予防運動指導員

写真

問い合わせ・申し込み

介護予防・認知症対策グループ(電話:4566-2434)

 

 




対象者

  • 65歳以上の高齢者
  • 区内在住
  • 医師に運動の制限をされていない方

更新日:2019年10月25日