ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 区立障害者施設 > 心身障害者福祉センター事業(B型センター事業)

ここから本文です。

心身障害者福祉センター事業(B型センター事業)

目次

  1. 相談事業
  2. 各種教室、講演会等の開催
  3. 手話講習会
  4. 地域交流行事
  5. 施設提供(登録した障害者団体、ボランティア団体)
  6. 重度心身障害者土曜余暇教室(原則毎月第3土曜日)
  7. 障害者入浴サービス事業

1.相談事業

障害者やその家族からの訓練等についての相談に応じ、助言、指導を行うとともに、関係機関への連絡・紹介等を行います。

  • 一般相談
    各種訓練、各種支援、家庭生活等の相談
  • 専門相談(身体機能〈言語を含む〉、心と体の健康についての相談や評価)

2.各種教室、講演会等の開催

教養の向上、健康の増進、生きがいの向上等、社会参加の助長を図るため、多様な機会を提供します。

3.手話講習会

手話通訳者の養成や聴覚障害者に対するボランティア育成のために手話講習会を行います。

  • 入門コース(全37回)
    対象者:区内在住、在勤、在学(15歳以上)で手話経験のない方
  • 応用コース(全37回)
    対象者:区内在住、在勤、在学(15歳以上)で入門コースを修了した方
  • 専門コース(全37回)
    対象者:区内在住、在勤、在学(15歳以上)で応用コースを修了、あるいは手話経験2年以上(選考あり)の方

※講習期間:各コースとも5月から翌年3月

※応募方法:各コースとも2月の広報に掲載(例年2月下旬から3月中旬の年一回のみ募集)

4.地域交流事業

地元町会と、センター内の施設の交流行事を行なっています。

5.施設提供(登録した障害者団体、ボランティア団体)

貸室事業

区内の障害者団体や、障害者のための事業を行う区民の活動に、平日の日中、夜間、休日の日中に会議室、音楽室等の貸し出しを行います。

 

令和4年10月1日より調理室(定員6名)、音楽室(定員8名)のご利用を再開致しました

詳細は当センターにお問合せください。

 

引き続き、利用後の部屋の消毒など、感染拡大防止のためご理解とご協力をおねがいいたします。

お問合せ:03-3953-2811(平日8時30分から17時00分)

 

貸出場所

大会議室(72名)、小会議室(16名)、調理室(6名)、音楽室(8名)、屋上

貸出時間

午前9時から12時、午後1時から5時、夜間5時から9時(日曜・祝日は貸出せず)

利用方法

ご利用にあたっては、まず団体登録が必要です。

団体登録の申請書類

  1. 団体登録票(区様式)
  2. 会員名簿(名前だけでも可能、ただし代表者ともう一人の方は住所、電話番号を記入したものを作成してください)
  3. 会の規約、実績のわかる資料(総会資料など)ある場合は提出

団体登録後、利用日の2か月前の月の初日から電話・ファクシミリで申請(土曜・日曜・祝日の場合は翌平日)

区主催事業等により利用できない場合があります。希望日時に空きがあれば仮予約となります。

利用日の3日前(土曜・日曜・祝日を除く)までに来所による申請手続きをおこなってください。

(注意)予約後のキャンセルの場合はすぐご連絡ください。連絡なしのキャンセルが続く場合は、貸し出しをお断りすることがあります。

対象者

区内在住・在勤の障害者とその保護者、障害者団体、障害者にかかわるボランティア団体

営利活動、政治、宗教活動等の目的や会費が必要な団体は利用できません。(資料代は可)

利用料

無料

 

自主グループ活動

  • 対象者:区内在住の障害のある方
  • 活動時間:グループ毎に決めています。
  • 申し込み:利用者・ボランティアともにセンターに登録
  • 利用料:グループ毎に決めています。
グループ名と活動内容

 

月曜日

水曜日

木曜日

金曜日

日曜日

午前

『ひまわり』

内容:失語症のかたの交流・会話(カラオケ、外出、調理など)

第2、4月曜

午前10時から12時

 

 

 

 

 

 

午後

『窓の会』

書道

活動日時は団体による

 

 

『雀の会』

麻雀

『碁楽会』

囲碁

活動日時は団体による

 

『どんぐりの会』

ボッチャ、軽スポーツ等

第2,4金

午後1時半から3時

 

『豊島失語症友の会』

親睦、昼食会、バス旅行等

6.重度心身障害者土曜余暇教室

重度の心身障害者の方、家族、ボランティアにより余暇の充実を図る事業を行います。

対象者

区内在住の18歳以上65歳未満で愛の手帳または身体障害者手帳をお持ちの方

つばさクラブ等に参加できない重度心身障害者

活動時間

原則、毎月第3土曜日

午前10時から午後3時

申込み

2月の広報で募集(年一回のみ)
心身障害者福祉センターへ登録

定員

20名

利用料

無料(ただし活動にかかる材料費・入場料などは実費)

7.障害者入浴サービス事業

ご家庭において入浴が困難な方に対して入浴の機会を提供し、健康の維持及び日常生活の向上を支援します。自宅で入浴の機会の持てない65歳未満の心身障害者を対象に、巡回入浴車による「訪問入浴」、入浴室による「施設入浴」があります。

対象者

豊島区内在住で

  • 身体障害者手帳または愛の手帳を有する方
  • 自宅及び公衆浴場での入浴が困難な方
  • 医師により入浴が可能と認められた方
  • 年齢が65歳未満の方
  • 区の補助を受け浴室の改修を受けていない方

但し、常時医療的ケアが必要な方、現に感染の恐れのある感染症を有する方、ほかの入浴サービスを受けている方は対象外

回数

予約制

一人につき、年52回以内、月5回以内、週1回以内を限度とします

利用料

無料(自己負担金はありません)

事業内容

1.訪問型入浴

移動入浴車で訪問し特殊浴槽を持ち込み入浴サービスを提供します

2.施設提供型入浴

心身障害者福祉センター施設内の浴室にて特殊浴槽による機械入浴及び介助入浴サービスを提供します。必要な方にはご自宅からセンターへの送迎をいたします。ご利用される方の状況に応じて訪問型か施設提供型(機械入浴・介助入浴)かいずれかのサービスを提供いたします。

利用申請

入浴サービス利用申請書に入浴サービス利用意見書を添えて心身障害者福祉センターに申し込みを行ってください。意見書は継続利用の更新を図るため3年に一度提出が必要です。ただし、利用者の状態に変化が見られると判断された場合や長期にわたり医療機関等に入院した場合は、新たに意見書の提出が必要です。

利用の流れ

  1. 心身障害者福祉センターに相談
  2. 申請書と意見書をセンターに提出
  3. 入浴担当者とサービス提供事業所が家庭訪問し希望曜日、時間などを聞き取る
  4. 入浴サービス利用承認書(または不承認通知書)を通知
  5. 入浴サービス開始

問い合わせ先

豊島区立心身障害者福祉センター

住所:豊島区目白5-18-8

電話:03(3953)2811

更新日:2022年10月1日