ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > 【コラム】わが家の健康 > 危険なめまいや治療が必要なめまいとは?

ここから本文です。

危険なめまいや治療が必要なめまいとは?

 めまいを起こす病気で最も危険なものは脳の病気です。脳出血や脳梗塞の場合は激しい頭痛、意識障害、歩けない、手足のしびれ、物が二重に見える、ろれつが回らないなどの症状が現れます。急激に悪化する場合はすぐに救急車を呼びましょう。脳腫瘍は多くの場合、進行に伴って症状が徐々に現れます。

 次にあげるような内耳の異常が原因でおこるめまいは命にかかわることはありませんが、転倒の危険や生活に影響をきたすことがありますので、早めに医療機関を受診しましょう。

 ●良性発作性頭位眩暈症…寝返りをうつなど、ある特定の位置に頭や首を動かした時に一過性におこる回転性めまい。難聴や耳鳴りはない。持続時間は数秒~数分。

 ●メニエール病…突然の回転性めまいを繰り返し、難聴や耳鳴りを伴う。持続時間は数分~数時間。過労やストレスがきっかけで起こる場合が多い。

 そのほかに、前庭神経炎、突発性難聴、内耳炎、外リンパ瘻があります。

なかい耳鼻咽喉科クリニック委員長 中井 孝尚

お問い合わせ

更新日:2020年2月21日