ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > 【コラム】わが家の健康 > 新型コロナウイルスと歯科治療

ここから本文です。

新型コロナウイルスと歯科治療

 新型コロナウイルス感染予防対策により緊急事態宣言が発令され、普及の歯科治療受診も自粛されてきました。緊急事態宣言の間も各歯科医院においては十分な感染予防対策の結果、歯科医院における院内感染及び歯科医療従事者の感染率は非常に少ない状況でした。

 緊急事態宣言の解除後に受診された患者さんにはある傾向が見受けられました。

 小児においては学校が休校となり生活習慣の乱れのせいか口腔清掃状態の悪化によるむし歯や歯肉炎が、成人から高齢者においては口腔内のメンテナンスを受けられなかったせいか歯周病の悪化が見受けられました。

 今後、第2波、第3波の可能性もありますが、定期検診をかかりつけ医と十分相談の上受診されることをお勧めいたします。

 特に歯周病の悪化は肺炎や心臓病につながると言われております。十分ご注意ください。

どひ歯科院長 土肥 順尚

お問い合わせ

更新日:2020年8月11日