ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康トピックス > 熱中症にご注意ください

ここから本文です。

熱中症にご注意ください

熱中症とは

 高温・多湿の環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温を調節する機能がうまく働かないことにより、体の中に熱がたまって起こる体の不調のことです。症状は、めまい、頭痛、吐き気、発熱、意識がもうろうとするなどです。おこりやすい場所は、炎天下の野外、気温の高い室内・車内などです。

こんな日はご注意ください

気温の高い日…25度以上の暑いとき。30度を超えると熱中症による死亡者が増えます。

湿度の高いとき…25度以下でも湿度が80%以上ある時は汗が蒸発しにくいため熱中症の危険性が高まります。

その他、風が弱い日、急に暑くなった日、熱帯夜の翌日なども注意が必要です。

こんな方は要注意下さい

 高齢者…熱中症によって救急搬送される方の約半数は65歳以上で、そのうちの7割が75歳以上の後期高齢者です(東京消防庁HPより)。高齢者は体内の水分量が少ないため脱水症状になりやすく、「汗をかきにくい」「暑さを感じにくい」など体温を下げる体の反応が弱くなっており、自覚がないのに熱中症になる危険があります。

乳幼児…体温調節機能が未熟なため、熱中症にかかりやすくなります。背が低いことから、地面の照り返しによる高い温度にさらされるため注意が必要です。また、車内は、思いのほか高温になることがあるため、子どもだけを置いて離れるのは絶対にやめましょう。

下痢や二日酔いなどで脱水状態の方

睡眠不足や過労などで体調不良の方

運動不足や肥満の方

心肺機能や腎機能の低下など持病のある方

熱中症を防ぐポイント

予防の基本は「脱水予防」と「体温の上昇を抑える」ことです。日中ばかりでなく、熱帯夜の場合、夜間も室温が低下しません。就寝中も扇風機とエアコンの併用で室内を28度以下に保ち、夜間の熱中症を予防しましょう。

1.炎天下や暑い場所での長時間の作業や運動を避ける。

2.帽子や日傘を使う。

3.首の周りに冷たいタオルを巻く。

4.水分や塩分をこまめに補給する。(のどが渇く前に水分を補給する)

5.栄養や睡眠を十分にとる。

6.体調が万全でない時は無理をしない。

7.集団でスポーツや活動をする時は声を掛け合い、休憩をとる。

熱中症になったら

 1.涼しい場所で休む。

2.衣服をゆるめ体をひやす。(首、腋の下、太腿の付け根を集中的に冷やすと効果的です)

3.水分塩分を補給する。

4.体温を測定する。

自力で水分がとれない、意識がはっきりしない状態の時は、病院へ受診させましょう。

 

 

 


お問い合わせ

更新日:2018年8月8日