ここから本文です。

難病患者さんへ

在宅難病患者医療機器貸与事業

東京都では在宅で療養している難病患者の方に、吸入器・吸引器を無料で貸与しています。

<対象者>

難病医療費助成対象疾病を主な原因として、在宅療養において、吸入器・吸引器を必要としている方で、主治医の同意を得ている方。

<内容>

吸入器、吸引器(中度・重度・最重度の3機種)の無料貸し出しです。

在宅人工呼吸器使用難病患者訪問看護事業

難病医療費助成対象疾病にかかり、人工呼吸器を使用しながら在宅療養している方で、医師が一日複数回の訪問看護を必要と認めた方で、医療保険で定められた回数を超えて実施した訪問看護に対して、東京都から助成があります。

在宅難病患者緊急一時入院事業

介護者が自分の病気や事故などによって一時的に介護ができなくなった場合、患者さんが短期間入院できるように、都内の14の病院に16床を確保しています。

<対象者>

区内在住で、在宅生活をしている難病医療費助成対象疾患にかかっている方

<利用期間>

最長1ヶ月(年間90日間)

問合せ先

池袋保健所健康推進課 電話 03-3987-4172

長崎健康相談所 電話 03-3957-1191

関連情報

東京都福祉保健局のホームページへ(新しいウィンドウで開きます)

難病疾病の概要や患者会情報については、難病情報センターホームページをご参照ください。

難病情報センターホームページへ(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

更新日:2015年6月2日