ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子どもの健康 > 子ども事故予防センターを模擬体験しよう

ここから本文です。

子ども事故予防センターを模擬体験しよう

子ども事故予防センター見学順路

見学ガイド(PDF:437KB)
見学順路を示した図です

順路1 子どもの事故の現状

子どもの死亡原因のうち、「不慮の事故」によるものは0歳児で第4位、1から4歳児で第2位です。

0歳児の主要死亡原因

順位

第1位

第2位

第3位

第4位

第5位

原因

先天奇形・変形・染色体異常

周産期に特異的な呼吸障害等

乳幼児突然死症候群

不慮の事故

胎児、新生児の出血性障害等

 

1から4歳児の主要死亡原因

順位

第1位

第2位

第3位

第4位

第5位

原因

先天奇形・変形・染色体異常

不慮の事故

悪性新生物

心疾患

肺炎

子どもの事故の現状(PDF:888KB)
年齢別主要死因や区内における事故の現状を示した図表、誤飲防止パネルやチャイルドマウス、子どもの視野体験メガネの写真と解説です

順路2 子どもの発達と起こりやすい事故

子どもの発達と起こりやすい事故(PDF:167KB)
ねんね、ねがえり、はいはいなど発達別に起こりやすい事故を示した図です

順路3 玄関

(事例)2歳の男児が、外出時に玄関ドアのちょうつがいに指を挟んだ。

(対策)ドアを開け閉めするときは、子どもの手を挟まないように注意したり、指はさみガードを使用する。

順路4 洗濯機

(事例)洗濯機のそばで遊んでいた1歳女児が洗剤を口にし、飲み込んでしまった。

(対策)洗剤類は手の届かないところに置く。洗濯器の周りに台になるもるものは置かない。洗濯器はふたが開かないようにチャイルドロックをつける。

順路5 トイレ

(事例)1歳7か月の男児が、一人でトイレに入り、トイレの水で遊んでいたところ頭から転落した。

(対策)トイレのドアは必ず閉め、外にロックをつけたり、便座のふたが開かないようにロックする。

順路6 風呂場・洗面所

(事例)1歳6か月女児が、一人でお風呂場に入り、浴槽の水で遊ぼうとして落ちておぼれた。

(対策)お風呂場に入れないように、ドアロックなどをつける。浴槽に水を溜めておかない。洗い場に滑り止めをつける。

順路7 階段

(事例)8か月女児が、ハイハイをしていて階段に登り、降りようとして階段から転落した。

(対策)階段に上がれないようにガードをつけたり、手すりの間から落ちないようにガードをつける。滑り止めマットやシートをつける。

順路8 居間

(事例)1歳男児が、テーブルの周りで遊んでいて、おもちゃにつまずき、テーブルの角に頭をぶつけた。9か月女児が、テーブルの上のカップを取ろうとして、やけどした。

(対策)テーブルの角にカバーをつける。手の届くところに危ないものは置かない。

順路9 台所

(事例)2歳男児が、キッチンワゴンを動かそうとして遊んでいて、上に置いてあるポットが倒れ、やけどをした。

(対策)ポットや炊飯ジャーは手の届かないところに置く。キッチンワゴンは固定、流し台の下、引き出し、コンロはチャイルドロックする。

順路10 ベランダ

(事例)3歳男児が母親が目を離したすきにマンション7階ベランダから転落した。程度は重症。

(対策)室外機の周りに植木鉢など踏み台になるようなものを置かない。サッシにロックをつけて出れないようにする。

順路11 応急手当と緊急時連絡先

  • 救急車を呼んだほうがいいか、病院に行ったほうがいいか迷ったら、東京消防庁救急相談センター#7119または03-3212-2323へ(24時間年中無休)。
  • 急な病気でどうしたらいいか迷ったら、厚生労働省小児救急医療電話相談#8000または03-5285-8898へ(平日17時から22時、土日9時から17時)。
  • 何かを飲み込んだときは、大阪中毒110番072-727-2499(365日24時間対応)、つくば中毒110番029-852-9999(365日、9時から21時対応)、タバコ専用電話072-726-9922(365日24時間テープによる情報提供)

順路12 トピックス

災害への備えについて展示しています

乳幼児のいる家庭では、以下のものを備えます。消費期限も確認しましょう。

  • 粉ミルク、哺乳瓶、乳首、ガーゼ
  • 水2から3リットル
  • 離乳食の場合、粉末の果汁、フリーズドライのベビーフード、レトルトかゆ、プラスチック皿、スプーン
  • 食物アレルギーの場合、アレルギー用の食品

防災課「日頃からの備え」

手づくり安全グッズの紹介

手づくり安全グッズ(PDF:139KB)
安全グッズの作り方を紹介しています

のびのび子育てをするために

  1. ダメダメというより、予防をしっかりと
  2. 子どもが静かなときこそ要注意
  3. まだまだできないと油断は禁物
  4. 2度ある事故は3度ある
  5. おうちのなかは整理整頓
  6. よその家、慣れない家では要注意

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

更新日:2015年2月25日