ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症情報 > 新型コロナウイルス感染症にり患されたかた・濃厚接触者のかたへ

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症にり患されたかた・濃厚接触者のかたへ

新型コロナウイルス感染症の検査で陽性診断を受けたかたが急増しております。陽性となられたかたには保健所より順番にお電話しておりますが、時間がかかっております。電話が入るまで、しばらくお待ちください。保健所からは固定電話の他、携帯電話からも電話しますので、着信がありましたらご対応いただきますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症は、症状が無くても感染を拡大させるリスクがあります。感染症法に基づき、他者への感染性がなくなったと判断されるまでの期間は医療機関での入院、もしくは宿泊施設で療養をしていただくことになります。

新型コロナウイルス感染症にり患された方の退院・退所までの流れ

新型コロナウイルス感染症PCR検査などで陽性が判明した場合、医療機関から保健所に送付される「発生届」に基づき、連絡します。

詳しい流れは下記をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症にり患された方の退院・退所までの流れ(図)(PDF:72KB)

また宿泊療養を希望する場合は、保健所からの連絡を待つことなく直接「東京都宿泊療養申し込み窓口」へ電話で申し込むことができます。

申込条件や連絡先など詳細は下記をご覧ください。

東京都宿泊療養申込窓口(東京都福祉保健局)(新しいウィンドウで開きます)

入院・入所までの間、自宅で待機されるかたとその同居者のかたへ

「自宅療養者向けハンドブック」をご覧ください。

ご自宅で過ごしていただく期間中に、安心して過ごしていただくため、そして、他の人にうつさないために、ご自身が気をつけること、同居のかたやご家族に知っていていただきたいことをまとめています。

(ハンドブックの内容)

1.新型コロナウイルス感染症と診断されたかたへ・同居のかたへ

2.新型コロナウイルス感染症の特徴

3.自宅療養中のかたは、これらのことを守って下さい

4.自宅での感染予防8つのポイント

  • 部屋を分けましょう
  • 感染者の世話をする人は、できるだけ限られた方にしましょう
  • 感染者・世話をする人は、お互いにマスクをつけましょう
  • 小まめに手を洗いましょう
  • 日中はできるだけ換気をしましょう
  • 手のよく触れる共用部分をそうじ・消毒しましょう
  • 汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう
  • ゴミは密閉して捨てましょう

「自宅療養者向けハンドブック」(東京都福祉保健局)(新しいウィンドウで開きます)

ホテル療養について

療養中の1日の流れや健康管理体制、宿泊療養施設の取組紹介などについては下記をご覧ください。

宿泊療養施設のご案内(東京都福祉保健局)(新しいウィンドウで開きます)

自宅療養中の支援について

新型コロナウイルス感染症の流行により感染者が増加し、入院やホテル療養が難しくなると、軽症のかたにはやむを得ず自宅で療養を行っていただく場合があります。

新型コロナウイルス感染症にり患されたかたのうち、自宅で療養されるかたに向けて、以下のとおり対応しています。

体調確認

療養期間中は毎日体調確認の電話連絡を行っています。症状に応じオンライン診療、医療機関へ受診調整を行います。必要に応じて「My HER-SYS(マイ ハーシス)」というシステムで健康観察を行ないます。

なお、保健所からの電話連絡に応答がなく、安否確認が取れない場合は、自宅まで訪問する場合があります。

パルスオキシメーターの貸与

自宅療養者のうち症状により必要なかたにはパルスオキシメーターを貸与し、体調確認時に測定値をうかがいます。

パルスオキシメーターは、指先にはめることで血中の酸素飽和度を測り、健康状態を把握することができる測定器です。

自宅療養に伴う食料品の支給

買い物など外出ができない自宅療養者のかたのうち、療養期間が4日以上のかたに、食料品を自宅に配送(置き配)しています。療養先の決定の際、配送希望や配送先の確認をします。

食料品は東京都が設置した自宅療養者フォローアップセンターより配送しています。

自宅療養者フォローアップセンターの運用により、対象者の条件が変更となる場合がありますので、ご了承ください。

自宅療養期間について

療養終了は、発症日(無症状の方は検査日)から10日間が経過し、かつ症状軽快後3日間が経過したときです。症状が長引く場合は、療養期間も長引きます。

(例)1月1日に発症し、1月4日に医師から新型コロナウイルス感染症と診断を受け、豊島区池袋保健所から1月11日が療養終了日であると案内された場合の療養期間は、1月4日から1月11日までです。

1/1

1/2

1/3

1/4

1/5

1/6

1/7

1/8

1/9

1/10

1/11

1/12

1/13

1/14

発症

自己判断の自宅待機

診断

 

 

 

症状軽快

保健所決定

 

 

保健所が決定した

療養終了日

自己判断の自宅待機

 

り患されたかたへの通知等について

新型コロナウイルス感染症と診断され、療養が必要な場合は就業制限がかかり、入院が必要なかたには入院を勧告します。

希望するかたには「就業制限に関する通知」及び「療養終了通知」を郵送申請により発行しています(令和4年1月24日運用変更)。

詳細は下記をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症にり患されたかたへの通知等について

なお、感染流行状況により、発送までにお時間をいただく場合があります。ご了承ください。

また、陰性証明書は保健所では発行しておりません。

濃厚接触者のかたへ

濃厚接触者とは

新型コロナウイルス感染症にり患した人の発症日2日前から発症して約7日の間に、一緒に食事や喫煙の際にマスクをしないで会話をした人です。

対面で、1メートル以内の距離で15分以上が目安です。

「咳やくしゃみをしていた」「換気が悪かった」「大きな声を出した」場合は感染リスクがより高くなります。

マスクをはずして過ごす同居者は、原則として濃厚接触者に該当することが多いです。

濃厚接触者になったかたの過ごし方

令和4年1月25日更新

り患されたかたとの最終接触日の翌日から10日間は自宅待機をお願いしています。

り患されたかたが自宅で療養している場合、そのかたと同居している濃厚接触者のかたは、同じ部屋で生活する場合には、り患されたかたの療養最終日の翌日から10日間です。

一方、部屋を分けられること、かつ、トイレを共用する場合には使用後にきちんと消毒ができる場合は、両方を開始した翌日から10日間と考えます。トイレなど共用部分の掃除や消毒の方法に関しては、「自宅療養者向けハンドブック(新しいウィンドウで開きます)」のP12-13をご確認ください。なお、お風呂はり患されたかたが最後に入り、その後十分な換気をするなどの工夫をお願いします。

これは、令和3年2月13日に施行された改正感染症法に基づき(注1参照)、感染拡大防止のためにご協力をお願いするものです。

  • 不要不急の外出、登校、出勤は控えてください。やむを得ず移動する場合は、公共交通機関の利用は避けてマスクを着用してください。
  • 1日2回検温し、体調を注意深く観察してください。
  • 体調不良の際は、かかりつけ医へご相談ください。
  • PCR検査を希望のかたはかかりつけ医へご相談ください。かかりつけ医がいないかたは保健所にご相談ください。検査結果が陰性でも、10日間の健康観察期間は短縮されません。
  • 令和4年1月14日の厚生労働省通知により、自宅待機要請日数が変更されました。

注1:感染症法第44条の3

都道府県知事は、新型インフルエンザ等、新感染症のまん延を防止するために必要な場合、当該感染症等にかかっていると疑うに足る正当な理由のある者(濃厚接触者等)に対し、健康状態の報告、居宅、またはそれに相当する場所から外出しないこと、その他必要な協力を求めることができる。

療養が終了したかたへ

  • 療養終了後4週間は健康にご留意ください。
  • 体調不良時は、かかりつけ医または保健所に相談してください。
  • 引き続き、マスクの着用等感染予防に努めてください。
  • 新型コロナウイルス感染症の後遺症に関して、東京都の専門窓口があります。詳しくは下記をご確認ください。

 都立・公社病院患者支援センターへの「コロナ後遺症相談窓口」の設置について(新しいウィンドウで開きます)

  • 療養終了後も微量のウイルスの死骸の影響で、PCR検査で陽性となることがありますので、陰性確認のための検査は推奨しておりません。
  • 就業・就学等の再開にあたり、陰性証明書を提出する必要はありません。厚生労働省から通知が発出されています。

お問い合わせ

更新日:2022年1月26日